Features Funcionalidades Release

PANDORA FMS 747 リリース

7月 11, 2020

PANDORA FMS 747 リリース

この投稿文は次の言語で読めます: 英語 スペイン語

PANDORA FMS 747 リリース

このリリースノートでは、Pandora FMS NG 747 の新機能、改善点、修正された問題について説明しています。また、アップグレードに関する情報を提供し、既知の問題の回避策について説明しています。

新機能と開発

改善した SNMP と WMI のリモートスキャンウィザード

SNMP および WMI 監視では、数回クリックするだけで迅速かつカスタムのリモート監視を導入できます。既存のウィザードを改善し、最大限の自動化のためにプロファイルと変更可能なテンプレートのシステムを追加しました。新しいデバイスに追加するリモートモジュールのタイプを定義することができます。Cisco ルータまたは Sonicwall ファイアウォールの場合は、特定のモジュールを自動的に適用することもできます。Windows または Linux サーバの場合も同様です。多くのデフォルトモジュールがあり、それを自動化および拡張できるロジックを追加しました。

Pandora FMS にはデフォルトで多くのモジュールが含まれていますが、管理者は独自の条件付きテンプレートを定義し、ウィザードをポリシーに適用することで、大規模なデプロイを簡単にカスタマイズできます。

release 747

自動検出での DB2 監視

今回のアップデート 747 では、新たな自動検出に DB2 の監視が追加されています。

DB2 の設定と監視は Oracle の設定と監視に似ており、デフォルトのモジュールがあるのに加え、カスタムクエリを設定することもできます。

release 747 2

メタコンソールにおける、新たなログビューワシステム

以前のリリースにおいて、ログの収集と表示にいくつかの変更が加えられました。今回のリリースでは、Pandora FMS メタコンソールの番です。ノードと同様に、ログ表示ビューはメタコンソール内にも含まれており、ノード、エージェント、ソース、日付などでログをフィルターする追加機能があります。

release 747 3
新たな最新の値レポート

多くのエージェントに共通のモジュールの最新の値を取得する新しいタイプのレポートが含まれています。このアップデート以降、レポート内のすべての同じモジュールでは、1つのアイテムのみを作成すれば良いことになります。

release 747 4

メタコンソールにおけるグループの改善

今回のリリースには、CSV ファイルをインポートすることでメタコンソールに大量のグループを作成する機能が含まれています。この機能はノードですでに利用可能でした。

VMware 監視の改善

VMware システム監視を、多数の仮想ネットワークエンティティで最適化しました。 マルチスレッドプロセスによるネットワーク検出により、このタスクをより速く実行できます。

変更と既知の制限

SNMP インタフェース, SNMP および WMI ウィザード

SNMP インターフェース、SNMP および WMI ウィザードを使用したモジュールの作成と表示が変更され、ウィザードの動作が変わりました(上記新機能を参照)。

ログのリファクタリング

デフォルトのコンソールと監査ログのパスが /var/www/pandora_console/logs に変更されました。新しいクライアントでは、両方のログがデフォルトで無効になり、コンソールの設定で有効にする必要があります。既存のインストールでは、パスは新しいパスに変更されます。

Would you like to find out more updates? These are just some of the changes this release brings. If you want you can see the complete content in this link.
さらに詳細を確認しますか? これらは、このリリースにおける変更のほんの一部です。 必要に応じて、こちらのリンクを確認してください。または、主な更新された機能については以下の動画を参照してください。


Written by:



Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください