Release

Pandora FMS 755 リリース

6月 26, 2021

Pandora FMS 755 リリース

This post is also available in : 英語 スペイン語 フランス語

最新の Pandora FMS 755 の内容

新たな Pandora FMS リリース Pandora FMS 755 に含まれる機能と改善点について説明します。

PANDORA FMS のアップデート方法

Pandora FMS コンソールのアップデートには複数の方法があります。

  • Pandora FMS コンソールにあるアップデートマネージャを通して自動的に行う(コンソールがインターネット接続できる必要があります)。
  • Pandora FMS コンソールにあるアップデートマネージャを通して、OUM アップデートファイルを用いて手動で行う。
  • RPM パッケージをインストールし、Webインタフェースからコンソールのアップデートを手動で行う。

サーバに関しては、RPM または tar パッケージを通して手動でアップデートする必要があります。
Pandora FMS のダウンロードに関しては、我々の Web サイトにより詳細があります。

オペレーティングシステムごとのアップデート方法に関する詳細は、我々の wikiを確認してください。

新たな機能と改善点

MacOS 用の新たなエージェントインストーラ

 

release-755-1

このバージョンでは、MacOS エージェントのグラフィカルインストーラをリリースしました。

新たなインタフェース表示

監視しているネットワークインターフェイスを表示できる新たな表示が追加されました。 また、監視を実行するさまざまなエージェントをフィルタリングできる一般的な表示、各エージェント内の特別な表示があります。

release-755

新たなオンラインドキュメント

オンラインドキュメントを新たなサイト https://pandorafms.com/manual に移行しました。検索性、一覧性、携帯対応などを改善しています。また、オンデマンドで PDF でエクスポートしたり、すぐに eBook(ePub)形式でエクスポートしたりすることもできます。

release-755

新たなメタコンソールインタフェース

メタコンソールのビジュアルインターフェイスが変更され、操作性と表示が改善され、ノードと同様の左側のメニューが追加されました。 また、メタコンソールの操作をノードの操作方法に近づけるために、いくつかのスタイルを統合しました。

release-755

新たなアップデートマネージャ (WARP アップデート)

WARP は、Pandora FMS の更新システム(アップデートマネージャー)の新しいバージョンです。 この新しいバージョンでは、ターミナルでコマンドを実行しなくても、サーバとコンソールの更新を行えます。メタコンソールでは、更新はクリックするだけでメタコンソールからノードに分散して適用されます。今後、更新にはデジタル署名が組み込まれるため、更新のソースを手動で検証できます(オンラインとオフラインの両方)。
release-755
release-755

エージェントインベントリ

インストールされているエージェントを一覧表示するために使用される新しいタイプのレポートを作成しました。他のメトリックの中で、IP、メイングループ、セカンダリグループ、説明、およびその他のデータを確認できます。これらのレポートは、CSV および XML にエクスポートすることもできます。

ロシア語へのコンソール翻訳

コンソールの 100% でロシア語への翻訳を行いました。また、オンラインドキュメントのロシア語翻訳にも取り組んでいます。

release-755

特別なアップデートに関する注意

新しいバージョン 755 では更新システムが WARP アップデートのため、サーバをアップデートした後、コンソールでいくつかの追加手順を実行する必要があります。バージョン 755 から、サーバは、pandora_ha コンポーネントを用いてコンソールから自動的に更新されます。pandora_ha は、Enterprise 版ではすでに存在していましたが、今回オープンソースにで提供します。このコンポーネントを使用すると、サーバのパフォーマンスを制御できます(サーバの停止と開始、HA(ある場合)のステータスと更新の制御)。

サーバをアップデートする前に、サーバを停止する必要があります:

service pandora_ha stop
/etc/inid.d/pandora_server stop

アップデート後、再び起動させます:

service pandora_ha start

または、pandora_ha を起動するように修正された init.d スクリプトを通して行います。

/etc/init.d/pandora_server start

この新たな Pandora FMS リリースに関してのより詳細は、こちらからダウンロードできます。

100 以上のデバイスを監視する必要がある場合は、Pandora FMS Enterprise の 30日間の無料トライアルもできます。クラウドまたはオンプレミスへのインストールを選択できます。こちらまでお問合せください。

もちろん、監視するデバイスの数が少ない場合などは、Pandora FMS オープンソース版を利用できます。 より詳細は、こちらを参照してください。

ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。 Pandora FMS チームは喜んでお手伝いします!


One comment
Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください