バックアップおよびリストア手順

バックアップ手順

目的

このドキュメントの目的は、Pandora FMS アプライアンスのバックアップおよびリストア手順の説明です。

データベースバックアップ

最初に、データベースをバックアップする必要があります。バックアップには 2つの方法があります。

ヒストリデータベースを利用している場合は、そのバックアップも実行します。

手動バックアップ

適切な権限のユーザでターミナルウィンドウを開き、次のコマンドを入力します(データベースのアクセス情報を入力します):

mysqldump -u <pandora_db_user> -p <pandora_db_name> | gzip> pandoradb.sql.gz
<コンソールでパスワードを入力>

Pandora FMS データベースバックアップユーティリティ

Pandora FMS を使用すると、自動検出(Discovery) > 新しいコンソールタスク(New console task) でスケジュールできるデータベースのバックアップを定期的に作成し、ドロップダウンから “PandoraFMS データベースのバックアップ(Backup Pandora FMS database)“ を選択できます。

Create new console task backup

新規データベースバックアップの作成には次のようにします。

  • 定期バックアップもしくは、”Not scheduled” で一回のみのバックアップを選択します。
  • “次の実行(Next execution)” バックアップタスクを開始するタイミングを正確に選択します。
  • サポートするグループの内容を指定する必要があります(または “すべて(All)” を選択します)。
  • デフォルトでは /var/www/html/pandora_console/attachment/backups に保存されますが、読み書きできる任意のディレクトリを指定することができます。

フィールドへの入力が完了したら、作成(Create) ボタンをクリックします。

設定ファイルバックアップ

Pandora のエージェントおよびサーバの設定ファイルをバックアップするには、次のコマンドを実行します。

tar -pcvzf pandora_configuration.tar.gz /etc/pandora/*.conf

エージェントバックアップ

エージェントディレクトリもバックアップする必要があります。すでに配布されているコレクションやエージェントプラグインを保存するために重要です。

tar -pcvzf agent.tar.gz /usr/share/pandora_agent

サーババックアップ

サーバブラグイン

サーバプラグインが置かれているデフォルトディレクトリは、/usr/share/pandora_server (Pandora サーバのメインディレクトリ) です。

注意: 他のディレクトリ内にサーバプラグインがある場合は、それもバックアップする必要があります。

tar -pcvzf pandora_server.tar.gz /usr/share/pandora_server
tar -pcvzf my_plugin_folder.tar.gz /home/myuser/my_plugin_folder

リモート設定

リモートエージェントの動作のために、リモート設定ファイルおよびコレクションのバックアップが必要です。

tar -pcvzf collections.tar.gz /var/spool/pandora/data_in/collections
tar -pcvzf md5.tar.gz /var/spool/pandora/data_in/md5
tar -pcvzf remote_agents_conf.tar.gz /var/spool/pandora/data_in/conf

コンソールバックアップ

カスタム画像、拡張などを保存するために、コンソールのバックアップを実行します。

tar -pcvzf pandora_console.tar.gz /var/www/html/pandora_console

リストア手順

4.1 アプライアンスのインストール

サーバに CD を入れ起動画面でキーを押します。起動メニューが表示されます。

“Install (Text mode)” を選択すると、テキストモードでインストールが実行されます。インストールオプションを選択すると、グラフィカルなインストールが開始されます(推奨)。いずれかのオプションを選択し、インストール後、マシンを再起動します。

データベースリストア

ヒストリ DB を利用している場合は、そのリストアも実行する必要があります。

手動リストア

データベースが起動し、Pandora サーバとエージェントが停止していることを確認します。

[[email protected] ~]# /etc/init.d/mysqld start
Starting mysqld: [ OK ]
[[email protected] ~]# /etc/init.d/pandora_server stop
Stopping Pandora FMS Server
[[email protected] ~]# /etc/init.d/pandora_agent_daemon stop
Stopping Pandora Agent.


バージョン NG 754 以降では、高可用性(HA)環境の手動起動および停止のための追加オプションがあります。

その後、データベースをリストアします。

[[email protected] ~]# gunzip pandora.sql.gz
[[email protected] ~]# cat pandoradb.sql | mysql -u root -p pandora
Enter password: <enter the password in console>

次の方法でもリカバリできます。

mysql –u root –p pandora
create database pandora;
use pandora;
source PATH BACKUP;

作成するデータベース名は、バックアップしたものと同じである必要があります。

設定ファイルリストア

最初に、エージェントおよびサーバ設定ファイルをリストアします。

[[email protected] ~]# tar -zxvf pandora_configuration.tar.gz -C /

エージェントリストア

エージェントディレクトリのリストアを実行します。

[[email protected] ~]# tar -zxvf agent.tar.gz -C /

サーバリストア

サーバプラグイン

pandora server のメインのディレクトリおよび、プラグインの入ったディレクトリをリストアします。

[[email protected] ~]# tar -zxvf pandora_server.tar.gz -C /
[[email protected] ~]# tar -zxvf my_plugin_folder.tar.gz -C /

リモート設定

リモートエージェントが正しく動作するために、リモート設定ファイルおよびコレクションファイルをリストアします。

[[email protected] ~]# tar -zxvf collections.tar.gz -C /
[[email protected] ~]# tar -zxvf md5.tar.gz -C /
[[email protected] ~]# tar -zxvf remote_agents_conf.tar.gz -C /

コンソールリストア

カスタム画像や拡張などを含め、コンソールのリストアを行います。

[[email protected]host ~]# tar -zxvf pandora_console.tar.gz -C /

Pandora FMS サーバおよびエージェントの起動

最後に、Pandora FMS サーバとエージェントを起動します。

[[email protected] ~]# /etc/init.d/pandora_server start
[[email protected] ~]# /etc/init.d/pandora_agent_daemon start

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る