クラスタ管理

クラスタ管理

概要

Pandora FMS のバージョン 719 から、利用しているシステムやアプリケーション個別のクラスタを監視する機能があります。

このシステムの目的は、クラスタの監視を素早く簡単に実現することで、とりわけユーザには簡単です。

2種類のクラスタのタイプを想定します。

アクティブ - スタンバイ(Active - Passive)

このクラスタでは、通常、一方のノードのみが稼働します。

アクティブ - アクティブ(Active - Active)

このクラスタでは、クラスタの全ノードでアプリケーションやサービスが提供され負荷分散されます。

クラスタには、いくつかのタイプの要素があります。

共通要素

クラスタの全ノードで稼働している必要があるモジュールで、クラスタ動作に必須のもの。

分散要素

“アクティブ - スタンバイ” タイプのクラスタのみ。これらは、アクティブなノードでのみ実行されるモジュールです。その時点でどのマシンがアプリケーションを実行しているかに応じて、クラスタのノード間で「バランスを取る」モジュールになり、一方のエージェントまたはもう一方のエージェントでレポートします。

バランス要素は、アクティブ - スタンバイタイプのクラスタの場合にのみ必要です。

監視の計画

クラスタを監視するときは、以下を検討する必要があります。

アクティブ-アクティブクラスタの場合

クラスタの全エージェントで共通のモジュールが監視されている必要があります。そうでなければ、選択することができません。

次に、必要なリソースを監視するために、すべてのクラスタエージェント上に同一の監視項目を作成する必要があります。

アクティブ-スタンバイクラスタの場合

共通モジュールについては上記と同じです。しかし、アクティブノードのみで動作するバランスモジュールを監視する必要があります。

“アクティブノード” を監視できるようにするには、条件を満たした場合のみモジュールが動作する、条件監視を用います。

新規クラスタの設定

新たにクラスタを作成するには、監視 > クラスタ表示(Cluster view) へ行きます。

初回のアクセスであれば、次のような画面が表示されます。

アクティブ-アクティブの新規クラスタ設定

クラスタ作成ウィザードを開始するために、作成ボタンをクリックし、“アクティブ-アクティブ(Active - Active)” クラスタオプションを選択します。

名前、クラスタタイプ、対象グループを選択したら、エージェントを選択するセクションへアクセスするために、次ボタンをクリックします。

このステップでは、クラスタとして監視を行いたい サービスにとってクリティカルとなるモジュール をすべて選択します。

共通のモジュール(OK/NG状態)に戻づくクラスタの状態を定義するためのノードのパーセンテージ(%)しきい値を選択します。

クラスタの設定をしたら、クラスタの異なる要素に対していアラートを追加することができます。選択したモジュールが特定のステータスに変化したときに特定のアクションが実行されます。

モジュールの評価が行われると、ステータス情報をともにクラスタマップを見ることができます。

アクティブ-アクティブクラスタ表示

クラスタが、アクティブ-アクティブであれば、共通の要素のみ見ることができます。

これまでに説明した作成例では、次のような表示がされます。

3つにセクションを区別できます。

クラスタマップ

(左上) クラスタを構成するエージェントとその状態を表します。

状態概要

(右上) クラスタの正常性の状態とその構成要素のリストを示します。

メトリック表示

(下) クラスタに登録されているメトリック一覧を示します。

クラスタマップのアイテムをクリックすると、そのアイテムに関する追加情報を見ることができます。

クラスタ状態の詳細表示 (マップ上でのクリック)

共通モジュール状態の詳細表示 (状態概要のクリック)

データ列と状態列に表示されるデータを確認するときは、次の事項に留意することが重要です。

  • データ列は、正常ではない状態のモジュールの割合を示しています。 たとえば、3つのモジュールを含むクラスタモジュールがある場合:
    • それらの 3つが正常な状態にある場合、値は 0になります。
    • 2つが正常で、1つが警告状態の場合、33.3が表示されます。
    • 1つが正常、1つが警告、1つが障害の場合、66.7が表示されます。
  • ステータス列では、設定されたしきい値を確認します。 これらのしきい値は、正常ではない状態のモジュールの割合を示します。

アクティブ-スタンバイの新規クラスタ設定

クラスタ作成ウィザードを開始するために作成ボタンをクリックし、“アクティブ-スタンバイ(Active - Passive)” クラスタオプションを選択します。

名前、クラスタタイプ、対象グループを選択したら、エージェントを選択するセクションへアクセスするために、次ボタンをクリックします。

このステップでは、クラスタとして監視を行いたい サービスにとってクリティカルとなるモジュール をすべて選択します。

共通のモジュール(OK/NG状態)に戻づくクラスタの状態を定義するためのノードのパーセンテージ(%)しきい値を選択します。

このステップでは、バランスモジュール(アクティブなエージェントでのみ動作)を追加します。クラスタの一部となっている全エージェントの全モジュール一覧が表示されます。

最後に、クラスタでクリティカルとなりうるバランスモジュールを選択します。

モジュールの評価が行われると、ステータス情報をともにクラスタマップを見ることができます。

アクティブ-スタンバイクラスタ表示

これまでに説明した作成例では、次のような表示がされます。

3つにセクションを区別できます。

クラスタマップ

(左上) クラスタを構成するエージェントとその状態を表します。

状態概要

(右上) クラスタの正常性の状態とその構成要素のリストを示します。

メトリック表示

(下) クラスタに登録されているメトリック一覧を示します。

クラスタマップのアイテムをクリックすると、そのアイテムに関する追加情報を見ることができます。

クラスタ状態の詳細表示 (マップ上でのクリック)

クラスタモジュール状態の詳細表示 (状態概要のクリック)