差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
ja:documentation:02_installation:05_configuration_agents [2021/07/10 02:27]
junichi [debug]
ja:documentation:02_installation:05_configuration_agents [2021/07/10 02:29] (現在)
junichi [module_regexp]
行 1457: 行 1457:
 == module_regexp == == module_regexp ==
  
-Windows のみです。このモジュールは、正規表現を使ってファイル(ログ)の内容の比較を行います。モニタリングを開始した時点ですでに存在している行については無視します。モジュールが返す値はモジュールタイプにより異なります。+Windows のみです。このモジュールは、 [[http://www.regular-expressions.info/reference.html|正規表現]]を使ってファイル(ログ)の内容の比較を行います。モニタリングを開始した時点ですでに存在している行については無視します。モジュールが返す値はモジュールタイプにより異なります。
  
   * **generic_data_string**, **async_string**: 正規表現にマッチした行全体を返します。   * **generic_data_string**, **async_string**: 正規表現にマッチした行全体を返します。
行 1464: 行 1464:
   * **module_noseekeof**: 0 がデフォルトです。これを有効にすると、それぞれのモジュールの実行において、ターゲットのファイル更新からは独立して、ファイルの EOF を確認することなくチェック処理が実行されます。これにより、常に検索パターンにマッチするすべての行が XML 出力に展開されます。   * **module_noseekeof**: 0 がデフォルトです。これを有効にすると、それぞれのモジュールの実行において、ターゲットのファイル更新からは独立して、ファイルの EOF を確認することなくチェック処理が実行されます。これにより、常に検索パターンにマッチするすべての行が XML 出力に展開されます。
 <code> <code>
 +
  module_begin  module_begin
  module_name regexp  module_name regexp
行 1474: 行 1475:
 </code> </code>
  
-正規表現の詳細の書式については、こちら <sup>((1)))</sup>  を参照してください。 
  
 == module_wmiquery == == module_wmiquery ==
ºº