差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
ja:documentation:02_installation:05_configuration_agents [2021/07/10 01:02]
junichi [UDP サーバ]
ja:documentation:02_installation:05_configuration_agents [2021/07/10 02:29] (現在)
junichi [module_regexp]
行 65: 行 65:
 === debug === === debug ===
  
-有効化(([[http://www.regular-expressions.info/reference.html|http://www.regular-expressions.info/reference.html]]))すると、エージェントのデータファイルはテンポラリディレクトリ内に名前を変えて保存され、サーバへ送信したあとも削除されません。XML ファイルを開いて内容を確認することができます。+有効化すると、エージェントのデータファイルはテンポラリディレクトリ内に名前を変えて保存され、サーバへ送信したあとも削除されません。XML ファイルを開いて内容を確認することができます。 
  
 === agent_name === === agent_name ===
行 311: 行 312:
  
 ==== UDP サーバ ==== ==== UDP サーバ ====
 +
 +<WRAP center round important 60%>
 +
 +UDPは本質的に安全ではないことに注意してください(ただし、応答を必須としないメッセージを送信するには効率的です)。 </WRAP>
  
 Pandora FMS エージェントは、 [[:ja:documentation:03_monitoring:02_operations#udp_リモートコマンド|リモートからコマンドを受け取る]]設定ができます。このサーバは、ユーザが指定した UDP のポートで待ち受けており、アラートが発生したときに何らかのコマンドを実行するなど、リモートシステム (基本的には Pandora FMS) から命令を受け取ることができます。 Pandora FMS エージェントは、 [[:ja:documentation:03_monitoring:02_operations#udp_リモートコマンド|リモートからコマンドを受け取る]]設定ができます。このサーバは、ユーザが指定した UDP のポートで待ち受けており、アラートが発生したときに何らかのコマンドを実行するなど、リモートシステム (基本的には Pandora FMS) から命令を受け取ることができます。
  
-UDP リモートサーバの設定には、いくつかのオプションがあり、//pandora_agent.conf// にて設定します。+UDP リモートサーバの設定には、いくつかのオプションがあり、//pandora_agent.conf//  にて設定します。
  
-   * **udp_server**:UDP サーバを有効にする場合は 1 を設定します。デフォルトでは無効です。+  * **udp_server**:UDP サーバを有効にする場合は 1 を設定します。デフォルトでは無効です。
   * **udp_server_port**: 待ち受けポート番号を設定します。   * **udp_server_port**: 待ち受けポート番号を設定します。
   * **udp_server_auth_address**: 命令の送信を許可する IPアドレスを設定します。カンマ区切りで複数のアドレスを指定できます。0.0.0.0 に設定すると、UDP サーバはすべてのアドレスからのリクエストを受け付けます。   * **udp_server_auth_address**: 命令の送信を許可する IPアドレスを設定します。カンマ区切りで複数のアドレスを指定できます。0.0.0.0 に設定すると、UDP サーバはすべてのアドレスからのリクエストを受け付けます。
 +<WRAP center round important 60%>
 +
 +すべてのソースからのコマンド受け入れのために 0.0.0.0 に設定できますが、この方法はお勧めしません。複数の Pandora FMS サーバがある場合、または IPv6 を使用している場合は、カンマで区切って異なる IP アドレスを追加できます。たとえば、 IPv6:''2001:0db8:0000:130F:0000:0000:087C:140B''  があり、その省略形が ''2001:0db8:0:130F::87C:140B''  の場合は、両方をカンマで区切って指定します。 </WRAP>
 +
   * **process_<name>_start <command>**: ユーザ定義プロセスを起動するコマンドを設定します。   * **process_<name>_start <command>**: ユーザ定義プロセスを起動するコマンドを設定します。
   * **process_<name>_stop <command>**: プロセスを停止するコマンドを設定します。   * **process_<name>_stop <command>**: プロセスを停止するコマンドを設定します。
行 366: 行 375:
 </code> </code>
  
-より詳しくは、アラート設定の章を参照ください。 +より詳しくは、 [[:ja:documentation:04_using:01_alerts#定義済のコマンド|アラート設定の章]]を参照ください。
  
 ==== モジュール定義 ==== ==== モジュール定義 ====
行 374: 行 382:
  
 一般的な書式は次の通りです。 一般的な書式は次の通りです。
- 
 <code> <code>
 +
  module_begin  module_begin
  module_name <モジュール名>  module_name <モジュール名>
行 390: 行 398:
 <WRAP center round important 60%> モジュールのフィールド情報はモジュール作成時にのみ反映されます(モジュールデータ、説明、拡張情報を除く)。モジュールがすでに存在する場合は更新されません。 </WRAP> <WRAP center round important 60%> モジュールのフィールド情報はモジュール作成時にのみ反映されます(モジュールデータ、説明、拡張情報を除く)。モジュールがすでに存在する場合は更新されません。 </WRAP>
  
-== **module_begin** ==+== module_begin ==
  
 モジュール定義の開始を示す、必須項目です。 モジュール定義の開始を示す、必須項目です。
  
-== module_name <名前> ==+== module_name ==
  
 モジュールの名前です(必須)。重複した名前は設定できません。 モジュールの名前です(必須)。重複した名前は設定できません。
 +
 +<code>
 +module_name <名前>
 +
 +</code>
  
 == module_type == == module_type ==
 +
 +<code>
 +module_type <タイプ>
 +
 +</code>
  
 モジュールが返すデータタイプです。いずれか一つを選択することが必須です。指定可能なデータタイプは次の通りです。 モジュールが返すデータタイプです。いずれか一つを選択することが必須です。指定可能なデータタイプは次の通りです。
行 410: 行 428:
   * **Asynchronous Monitor**  (async_proc): generic_proc と似ていますが、非同期のデータタイプです。   * **Asynchronous Monitor**  (async_proc): generic_proc と似ていますが、非同期のデータタイプです。
   * **Asynchronous Numerical**  (async_data): generic_data と似ていますが、非同期のデータタイプです。   * **Asynchronous Numerical**  (async_data): generic_data と似ていますが、非同期のデータタイプです。
-== module_min <値> ==+== module_min == 
 + 
 +<code> 
 +module_min <値> 
 + 
 +</code>
  
 そのモジュールが返すことを許容されるデータの最小値です。範囲を外れたデータはサーバにより削除されます。 そのモジュールが返すことを許容されるデータの最小値です。範囲を外れたデータはサーバにより削除されます。
  
-== module_max <値> ==+== module_max == 
 + 
 +<code> 
 +module_max <値> 
 + 
 +</code>
  
 そのモジュールが返すことを許容されるデータの最大値です。範囲を外れたデータはサーバにより削除されます。 そのモジュールが返すことを許容されるデータの最大値です。範囲を外れたデータはサーバにより削除されます。
  
-== module_min_warning <値> ==+== module_min_warning == 
 + 
 +<code> 
 +module_min_warning <値> 
 + 
 +</code>
  
 モジュールが警告状態になる最小値です。 モジュールが警告状態になる最小値です。
  
-== module_max_warning <値> ==+== module_max_warning == 
 + 
 +<code> 
 +module_max_warning <値> 
 + 
 +</code>
  
 モジュールが警告状態になる最大値です。 モジュールが警告状態になる最大値です。
  
-== module_min_critical <値> ==+== module_min_critical == 
 + 
 +<code> 
 +module_min_critical <値> 
 + 
 +</code>
  
 モジュールが障害状態になる最小値です。 モジュールが障害状態になる最小値です。
  
-== module_max_critical <値> ==+== module_max_critical == 
 + 
 +<code> 
 +module_max_critical <値> 
 + 
 +</code>
  
 モジュールが障害状態になる最大値です。 モジュールが障害状態になる最大値です。
  
-== module_disabled <値> ==+== module_disabled == 
 + 
 +<code> 
 +module_disabled <値> 
 + 
 +</code>
  
 モジュールが、有効(0)か無効(1)かを表します。 モジュールが、有効(0)か無効(1)かを表します。
  
-== module_min_ff_event <値> ==+== module_min_ff_event == 
 + 
 +<code> 
 +module_min_ff_event <値> 
 + 
 +</code>
  
 連続抑制回数を指定します。連続抑制回数とは、収集データに揺らぎがあるような場合に、それを変化としてとらえないように抑止するものです。 連続抑制回数を指定します。連続抑制回数とは、収集データに揺らぎがあるような場合に、それを変化としてとらえないように抑止するものです。
  
-== (>= 6.0 SP4module_each_ff <==+== module_each_ff =
 + 
 +<WRAP center round tip 60%>バージョン 6.0 SP4 以上</WRAP> 
 + 
 +<code> 
 +module_each_ff <0|1> 
 + 
 +</code>
  
 有効化(1)すると、module_min_ff_event の代わりに連続抑制回数に個別状態変化(module_min_ff_event_normal, module_min_ff_event_warning および module_min_ff_event_critical)を利用します。 有効化(1)すると、module_min_ff_event の代わりに連続抑制回数に個別状態変化(module_min_ff_event_normal, module_min_ff_event_warning および module_min_ff_event_critical)を利用します。
  
-== (>= 6.0 SP4module_min_ff_event_normal <値> ==+== module_min_ff_event_normal =
 + 
 +<WRAP center round tip 60%>バージョン 6.0 SP4 以上</WRAP> 
 +<code> 
 + 
 +module_min_ff_event_normal <値> 
 + 
 +</code>
  
 個別状態変化で、正常状態へ移行する場合の連続抑制回数です。 個別状態変化で、正常状態へ移行する場合の連続抑制回数です。
  
-== (>= 6.0 SP4module_min_ff_event_warning <値> ==+== module_min_ff_event_warning =
 + 
 +<WRAP center round tip 60%>バージョン 6.0 SP4 以上</WRAP> 
 + 
 +<code> 
 +module_min_ff_event_warning <値> 
 + 
 +</code>
  
 個別状態変化で、警告状態へ移行する場合の連続抑制回数です。 個別状態変化で、警告状態へ移行する場合の連続抑制回数です。
  
-== (>= 6.0 SP4module_min_ff_event_critical <値> ==+== module_min_ff_event_critical =
 + 
 +<WRAP center round tip 60%>バージョン 6.0 SP4 以上</WRAP> 
 + 
 +<code> 
 +module_min_ff_event_critical <値> 
 + 
 +</code>
  
 個別状態変化で、障害状態へ移行する場合の連続抑制回数です。 個別状態変化で、障害状態へ移行する場合の連続抑制回数です。
  
-== (>= 6.0 SP4module_ff_timeout <秒> ==+== module_ff_timeout =
 + 
 +<WRAP center round tip 60%>バージョン 6.0 SP4 以上</WRAP> 
 + 
 +<code> 
 +module_ff_timeout <秒> 
 + 
 +</code>
  
 指定した秒数が経過したら連続抑制回数のカウンターをリセットします。これは、//module_min_ff_event//  に指定した抑制回数の状態変化が //module_ff_timeout//  に指定の秒数以内に発生する必要があることを意味します。 指定した秒数が経過したら連続抑制回数のカウンターをリセットします。これは、//module_min_ff_event//  に指定した抑制回数の状態変化が //module_ff_timeout//  に指定の秒数以内に発生する必要があることを意味します。
  
-== (>= 734module_ff_type <値> ==+== module_ff_type =
 + 
 +<WRAP center round tip 60%>バージョン NG 734 以上</WRAP> 
 + 
 +<code> 
 +module_ff_type <値> 
 + 
 +</code>
  
 これは、連続抑制の高度なオプションで、モジュールの状態を制御します。 "カウンタを保持する" ことによって、値の代わりに、受け取った値を持つモジュールの状態に応じて、ある状態から別の状態に渡すカウンタ値をいくつか設定します。 これは、連続抑制の高度なオプションで、モジュールの状態を制御します。 "カウンタを保持する" ことによって、値の代わりに、受け取った値を持つモジュールの状態に応じて、ある状態から別の状態に渡すカウンタ値をいくつか設定します。
行 468: 行 568:
 有効(1)か無効(0)かを指定します。 有効(1)か無効(0)かを指定します。
  
-== module_description <テキスト> ==+== module_description == 
 + 
 +<code> 
 +module_description <テキスト> 
 + 
 +</code>
  
 モジュールの任意のコメントです。 モジュールの任意のコメントです。
  
-== module_interval <間隔倍率> ==+== module_interval == 
 + 
 +<code> 
 +module_interval <間隔倍率> 
 + 
 +</code>
  
 それぞれのモジュールの実行間隔をエージェントの間隔の倍率で設定することができます。例えば、エージェントが 300 (5 分)間隔の設定であった場合に、あるモジュールだけ 15分間隔にしたいときに、module_interval 3 を設定します。そのモジュールは、300秒 x 3 = 900秒 (15分) 間隔で実行されます。 それぞれのモジュールの実行間隔をエージェントの間隔の倍率で設定することができます。例えば、エージェントが 300 (5 分)間隔の設定であった場合に、あるモジュールだけ 15分間隔にしたいときに、module_interval 3 を設定します。そのモジュールは、300秒 x 3 = 900秒 (15分) 間隔で実行されます。
行 478: 行 588:
 <WRAP center round important 60%> ブローカーエージェントで module_interval が動作するようにするには、元のエージェントと同じ間隔に設定する必要があります。 そうしないと、正しく動作しない可能性があります。 </WRAP> <WRAP center round important 60%> ブローカーエージェントで module_interval が動作するようにするには、元のエージェントと同じ間隔に設定する必要があります。 そうしないと、正しく動作しない可能性があります。 </WRAP>
  
-== module_timeout <秒数> ==+== module_timeout == 
 + 
 +<code> 
 +module_timeout <秒数> 
 + 
 +</code>
  
 モジュールの最大実行時間を秒単位で指定します。実行中にこの時間を超過した場合は、実行が中止されます。 モジュールの最大実行時間を秒単位で指定します。実行中にこの時間を超過した場合は、実行が中止されます。
  
-== module_postprocess <倍率> ==+== module_postprocess == 
 + 
 +<code> 
 +module_postprocess <倍率> 
 + 
 +</code>
  
 モジュールから返される値を何倍するかの値です。データの単位を変換するのに便利です。もし、エージェントが取得した値に 1024 を掛けたい場合は、1024 を設定します。また、1024 で割りたい場合は、1/1024 を意味する 0.000976563 を設定します。 モジュールから返される値を何倍するかの値です。データの単位を変換するのに便利です。もし、エージェントが取得した値に 1024 を掛けたい場合は、1024 を設定します。また、1024 で割りたい場合は、1/1024 を意味する 0.000976563 を設定します。
  
-== module_save <変数名> ==+== module_save == 
 + 
 +<code> 
 +module_save <変数名> 
 + 
 +</code>
  
 このパラメータで定義された名前の変数にモジュールから返された値を保存します。この値はあとから他のモジュールで利用できます。 このパラメータで定義された名前の変数にモジュールから返された値を保存します。この値はあとから他のモジュールで利用できます。
行 526: 行 651:
 </code> </code>
  
-== module_crontab <分> <時間> <日> <月> <曜日> ==+== module_crontab ==
  
 バージョン 3.2 から、モジュールを指定した日時に実行させるようにすることができます。この設定は、**module_crontab**  にて、crontab に似た設定を行うことにより実現します。 バージョン 3.2 から、モジュールを指定した日時に実行させるようにすることができます。この設定は、**module_crontab**  にて、crontab に似た設定を行うことにより実現します。
  
 +<code>
 module_crontab <分> <時間> <日> <月> <曜日> module_crontab <分> <時間> <日> <月> <曜日>
 +
 +</code>
  
 指定可能な範囲は次の通りです。 指定可能な範囲は次の通りです。
行 566: 行 694:
 </code> </code>
  
-== module_condition <評価式> <コマンド> ==+== module_condition == 
 + 
 +<code> 
 +module_condition <評価式> <コマンド> 
 + 
 +</code>
  
 バージョン 3.2 から、モジュールが特定の値を返す場合にコマンドを実行させることが可能です。次に示すオプションの一つを定義します。 バージョン 3.2 から、モジュールが特定の値を返す場合にコマンドを実行させることが可能です。次に示すオプションの一つを定義します。
行 621: 行 754:
 </code> </code>
  
-  * 注意**: Windows プラットホームでは、コマンドの実行にはそれが正しく実行されていることを確認するために **cmd.exe /c** を利用することをお勧めします。例えば次の通りです。 '' module_begin module_name condition_test module_type generic_data module_exec echo 5 module_condition (2, 8) cmd.exe /c script.bat module_end ''  == module_precondition <評価式> <コマンド> == 事前状態定義にマッチした場合モジュールを実行します。次に示すオプションの一つを定義します。 * **>** [値]: コマンドの実行結果が指定された値よりも大きい場合にモジュールを実行します。 * **<** [値]: コマンドの実行結果が指定された値よりも小さい場合にモジュールを実行します。 * ** =** [値]: コマンドの実行結果が指定された値と同じ場合にモジュールを実行します。 * **!=** [値]: コマンドの実行結果が指定された値と異なる場合にモジュールを実行します。 * ** =~** [正規表現]: コマンドの実行結果が指定された正規表現にマッチする場合にモジュールを実行します。 * ** (**値, 値**)**: コマンドの実行結果が指定された値の範囲の場合にモジュールを実行します。 以下の例では、precondition で設定した実行結果が 2 と 8 の間の場合に、モジュール //monitoring_variable.bat//  が実行されます。この例では //module_precondition//  の実行結果が 5 であるため、値が 2 と 8 の間であり、//monitoring_variable.bat//  が実行されます。 '' module_begin module_name Precondition_test1 module_type generic_data module_precondition (2, 8) echo 5 module_exec monitoring_variable.bat module_end ''  module_condition と同様に、複数の事前状態定義を利用することができます。モジュールは、すべての事前状態定義にマッチした場合のみ実行されます。 '' module_begin module_name Precondition_test2 module_type generic_data module_precondition (2, 8) echo 5 module_precondition < 3 echo 5 module_exec monitoring_variable.bat module_end ''  * 注意**: Windows プラットホームでは、コマンドの実行にはそれが正しく実行されていることを確認するために **cmd.exe /c**  を利用することをお勧めします。例えば次の通りです。+  * 注意: Windows プラットホームでは、コマンドの実行にはそれが正しく実行されていることを確認するために **cmd.exe /c**  を利用することをお勧めします。例えば次の通りです。 
 + 
 +<code> 
 + module_begin 
 + module_name condition_test 
 + module_type generic_data 
 + module_exec echo 5 
 + module_condition (2, 8) cmd.exe /c script.bat 
 + module_end 
 + 
 +</code> 
 + 
 +== module_precondition == 
 + 
 +<code> 
 +module_precondition <評価式> <コマンド> 
 + 
 +</code> 
 + 
 +事前状態定義にマッチした場合モジュールを実行します。次に示すオプションの一つを定義します。 
 + 
 +  * **>**  [値]: コマンドの実行結果が指定された値よりも大きい場合にモジュールを実行します。 
 +  * **<**  [値]: コマンドの実行結果が指定された値よりも小さい場合にモジュールを実行します。 
 +  * **=**  [値]: コマンドの実行結果が指定された値と同じ場合にモジュールを実行します。 
 +  * **!=**  [値]: コマンドの実行結果が指定された値と異なる場合にモジュールを実行します。 
 +  * **=~**  [正規表現]: コマンドの実行結果が指定された正規表現にマッチする場合にモジュールを実行します。 
 +  * **(** 値, 値**)**: コマンドの実行結果が指定された値の範囲の場合にモジュールを実行します。 
 +以下の例では、precondition で設定した実行結果が 2 と 8 の間の場合に、モジュール //monitoring_variable.bat//  が実行されます。この例では //module_precondition//  の実行結果が 5 であるため、値が 2 と 8 の間であり、//monitoring_variable.bat//  が実行されます。 
 + 
 +<code> 
 + module_begin 
 + module_name Precondition_test1 
 + module_type generic_data 
 + module_precondition (2, 8) echo 5 
 + module_exec monitoring_variable.bat 
 + module_end 
 + 
 +</code> 
 + 
 +module_condition と同様に、複数の事前状態定義を利用することができます。モジュールは、すべての事前状態定義にマッチした場合のみ実行されます。 
 + 
 +<code> 
 + module_begin 
 + module_name Precondition_test2 
 + module_type generic_data 
 + module_precondition (2, 8) echo 5 
 + module_precondition <3 echo 5 
 + module_exec monitoring_variable.bat 
 + module_end 
 + 
 +</code> 
 + 
 +  * 注意: Windows プラットホームでは、コマンドの実行にはそれが正しく実行されていることを確認するために **cmd.exe /c**  を利用することをお勧めします。例えば次の通りです。
  
 <code> <code>
行 633: 行 818:
 </code> </code>
  
-== (>= 5.xmodule_unit <単位> ==+== module_unit =
 + 
 +<WRAP center round tip 60%>バージョン 5.x 以上</WRAP> 
 + 
 +<code> 
 +module_unit <単位> 
 + 
 +</code>
  
 これは、モジュールの値に付与する単位です。 これは、モジュールの値に付与する単位です。
行 644: 行 836:
 </code> </code>
  
-== (>= 5.xmodule_group <値> ==+== module_group =
 + 
 +<WRAP center round tip 60%>バージョン 5.x 以上</WRAP> 
 + 
 +<code> 
 +module_group <値> 
 + 
 +</code>
  
 これは、モジュールグループ名です。 これは、モジュールグループ名です。
行 655: 行 854:
 </code> </code>
  
-== (>= 5.xmodule_custom_id <値> ==+== module_custom_id =
 + 
 +<WRAP center round tip 60%>バージョン 5.x 以上</WRAP> 
 + 
 +<code> 
 +module_custom_id <値> 
 + 
 +</code>
  
 モジュールのカスタム ID です。 モジュールのカスタム ID です。
行 666: 行 872:
 </code> </code>
  
-== (>= 5.xmodule_str_warning <値> ==+== module_str_warning =
 + 
 +<WRAP center round tip 60%>バージョン 5.x 以上</WRAP> 
 + 
 +<code> 
 +module_str_warning <値> 
 + 
 +</code>
  
 文字列タイプのモジュールで警告状態を定義する正規表現です。 文字列タイプのモジュールで警告状態を定義する正規表現です。
行 677: 行 890:
 </code> </code>
  
-== (>= 5.xmodule_str_critical <値> ==+== module_str_critical =
 + 
 +<WRAP center round tip 60%>バージョン 5.x 以上</WRAP> 
 + 
 +<code> 
 +module_str_critical <値> 
 + 
 +</code>
  
 文字列タイプのモジュールで障害状態を定義する正規表現です。 文字列タイプのモジュールで障害状態を定義する正規表現です。
行 688: 行 908:
 </code> </code>
  
-== (>= 5.xmodule_warning_instructions <値> ==+== module_warning_instructions =
 + 
 +<WRAP center round tip 60%>バージョン 5.x 以上</WRAP> 
 + 
 +<code> 
 +module_warning_instructions <値> 
 + 
 +</code>
  
 モジュールが警告状態に変化したときのオペレータへの指示です。 モジュールが警告状態に変化したときのオペレータへの指示です。
行 699: 行 926:
 </code> </code>
  
-== (>= 5.xmodule_critical_instructions <値> ==+== module_critical_instructions =
 + 
 +<WRAP center round tip 60%>バージョン 5.x 以上</WRAP> 
 + 
 +<code> 
 +module_critical_instructions <値> 
 + 
 +</code>
  
 モジュールが障害状態に変化したときのオペレータへの指示です。 モジュールが障害状態に変化したときのオペレータへの指示です。
行 710: 行 944:
 </code> </code>
  
-== (>= 5.xmodule_unknown_instructions <値> ==+== module_unknown_instructions =
 + 
 +<WRAP center round tip 60%>バージョン 5.x 以上</WRAP> 
 + 
 +<code> 
 +module_unknown_instructions <値> 
 + 
 +</code>
  
 モジュールが不明状態に変化したときのオペレータへの指示です。 モジュールが不明状態に変化したときのオペレータへの指示です。
行 721: 行 962:
 </code> </code>
  
-== (>= 5.xmodule_tags <値> ==+== module_tags =
 + 
 +<WRAP center round tip 60%>バージョン 5.x 以上</WRAP> 
 + 
 +<code> 
 +module_tags <値> 
 + 
 +</code>
  
 カンマ区切りでモジュールに割り当てるタグを指定します。 カンマ区切りでモジュールに割り当てるタグを指定します。
行 729: 行 977:
 module_tags tag1,tag2,tag3 module_tags tag1,tag2,tag3
  
-== (>= 5.xmodule_warning_inverse <値> ==+== module_warning_inverse =
 + 
 +<WRAP center round tip 60%>バージョン 5.x 以上</WRAP> 
 + 
 +<code> 
 +module_warning_inverse <値> 
 + 
 +</code>
  
 警告閾値範囲の反転を有効化(1)します。 警告閾値範囲の反転を有効化(1)します。
行 740: 行 995:
 </code> </code>
  
-== (>= 5.xmodule_critical_inverse <値> ==+== module_critical_inverse =
 + 
 +<WRAP center round tip 60%>バージョン 5.x 以上</WRAP> 
 + 
 +<code> 
 +module_critical_inverse <値> 
 + 
 +</code>
  
 障害閾値範囲の反転を有効化(1)します。 障害閾値範囲の反転を有効化(1)します。
行 751: 行 1013:
 </code> </code>
  
-== (>= 5.x) module_native_encoding <値> ==+== module_native_encoding ==
  
-(Win32 のみ)+<WRAP center round tip 60%>バージョン 5.x 以上かつ、Win32 のみ</WRAP> 
 + 
 +<code> 
 +module_native_encoding <値> 
 + 
 +</code>
  
 この設定トークンは、module_exec によってコマンドラインから実行されるモジュールにのみ影響します。 この設定トークンは、module_exec によってコマンドラインから実行されるモジュールにのみ影響します。
行 779: 行 1046:
 </code> </code>
  
-== (>= 5.xmodule_ff_interval <値> ==+== module_ff_interval =
 + 
 +<WRAP center round tip 60%>バージョン 5.x 以上</WRAP> 
 + 
 +<code> 
 +module_ff_interval <値> 
 + 
 +</code>
  
 収集データに揺らぎがあるような場合に、それを変化としてとらえるべきかを判断する期間のデータ収集間隔です。(秒単位) 収集データに揺らぎがあるような場合に、それを変化としてとらえるべきかを判断する期間のデータ収集間隔です。(秒単位)
行 790: 行 1064:
 </code> </code>
  
-== (>= 5.xmodule_macro<macro> <値> ==+== module_macro =
 + 
 +<WRAP center round tip 60%>バージョン 5.x 以上</WRAP> 
 + 
 +<code> 
 +module_macro<マクロ> <値> 
 + 
 +</code>
  
 コンソールから、ローカルコンポーネントにのみ適用できます。設定ファイルで直接設定しません。 コンソールから、ローカルコンポーネントにのみ適用できます。設定ファイルで直接設定しません。
  
-== (>5.1 SP4) module_alert_template <テンプレート名> ==+== module_alert_template =
 + 
 +<code> 
 +module_alert_template <テンプレート名> 
 + 
 +</code>
  
 このマクロは、パラメータ名([[:ja:documentation:04_using:01_alerts#e382a2e383a9e383bce38388e38386e383b3e38397e383ace383bce38388|アラートテンプレート]] 参照)に対応したモジュールにアラートテンプレートを割り当てます。 このマクロは、パラメータ名([[:ja:documentation:04_using:01_alerts#e382a2e383a9e383bce38388e38386e383b3e38397e383ace383bce38388|アラートテンプレート]] 参照)に対応したモジュールにアラートテンプレートを割り当てます。
行 823: 行 1109:
 次に、それぞれのモジュールで情報を取得するためのディレクティブを示します。それぞれのモジュールで、1回ずつ利用できます。 次に、それぞれのモジュールで情報を取得するためのディレクティブを示します。それぞれのモジュールで、1回ずつ利用できます。
  
-== module_exec <コマンド> ==+== module_exec == 
 + 
 +<code> 
 +module_exec <コマンド> 
 + 
 +</code>
  
 一般的なコマンド実行行です。 1行で情報を取得するコマンドを指定する必要があります。 一般的なコマンド実行行です。 1行で情報を取得するコマンドを指定する必要があります。
行 838: 行 1129:
 Windows エージェントでのデータ取得のためのディレクティブは他にもあります。以下に示します。 Windows エージェントでのデータ取得のためのディレクティブは他にもあります。以下に示します。
  
-== module_service <サービス> ==+== module_service == 
 + 
 +<code> 
 +module_service <サービス> 
 + 
 +</code>
  
 指定したサービスが実行中であるかどうかをチェックします。サービス名にスペースが含まれる場合は、" " でくくるのを忘れないようにしてください。 指定したサービスが実行中であるかどうかをチェックします。サービス名にスペースが含まれる場合は、" " でくくるのを忘れないようにしてください。
行 854: 行 1150:
 サービスは、Windows サービスマネージャに表示される短い名前 (サービス名) で識別されます。 サービスは、Windows サービスマネージャに表示される短い名前 (サービス名) で識別されます。
  
-{{  :wiki:service_name_id.png  }}+[[:wiki:service_name_id.png?id=ja%3Adocumentation%3A02_installation%3A05_configuration_agents&media=wiki:service_name_id.png|{{  :wiki:service_name_id.png  }}]]
  
 //非同期モード // //非同期モード //
  
 Pandora FMS は通常、(モジュールによって定義される)一定の秒間隔にてチェックを実行します (デフォルトでは、300秒 = 5分)。そのため、チェックの直後にサービスがダウンすると、それがダウンであると認識するのに、さらに 300秒かかります。非同期モジュールでは、Pandora に "今すぐ" サービスの障害を通知するようにできます。これは、//非同期// 操作モードと呼んでいます。非同期モードにするには、以下のディレクティブを設定してください。 Pandora FMS は通常、(モジュールによって定義される)一定の秒間隔にてチェックを実行します (デフォルトでは、300秒 = 5分)。そのため、チェックの直後にサービスがダウンすると、それがダウンであると認識するのに、さらに 300秒かかります。非同期モジュールでは、Pandora に "今すぐ" サービスの障害を通知するようにできます。これは、//非同期// 操作モードと呼んでいます。非同期モードにするには、以下のディレクティブを設定してください。
- 
 <code> <code>
 +
 module_async yes module_async yes
  
行 901: 行 1197:
 Unix エージェントでは、ウォッチドッグと非同期検出はできません。 Unix エージェントでは、ウォッチドッグと非同期検出はできません。
  
-== module_proc <プロセス> ==+== module_proc ==
  
-指定した名前のプロセスがいるかどうかをチェックします。プロセス名にスペースが含まれていても、" " は**使わない** でください。プロセス名に拡張子 .exe がつくかどうかを良く確認してください。モジュールは、指定した名前で実行されているプロセスの数を返します。+<code> 
 +module_proc <プロセス> 
 + 
 +</code> 
 + 
 +指定した名前のプロセスがいるかどうかをチェックします。 
 + 
 +**Windows**<WRAP center round tip 60%>プロセス名にスペースが含まれていても、" " は**使わない** でください。プロセス名に拡張子 .exe がつくかどうかを良く確認してください。モジュールは、指定した名前で実行されているプロセスの数を返します。</WRAP>
  
 以下に cmd.exe プロセスをモニタリングする例を示します。 以下に cmd.exe プロセスをモニタリングする例を示します。
行 916: 行 1219:
  
 </code> </code>
- 
-**Unix** 
- 
-UNIX では、このモジュールは module_service のように動作します。非同期およびウォッチドッグモードはサポートしません。 
  
 //非同期モード // //非同期モード //
行 968: 行 1267:
 <WRAP center round important 60%> Windows Vista 以前のバージョンでは、Pandora FMS サービスプロパティで、"Interactive access with desktop" を有効にすることにより //module_user_session//  を設定することができます。以下のスクリーンショットに示します。 <WRAP center round important 60%> Windows Vista 以前のバージョンでは、Pandora FMS サービスプロパティで、"Interactive access with desktop" を有効にすることにより //module_user_session//  を設定することができます。以下のスクリーンショットに示します。
  
-{{  :wiki:service_interactive.png  }}</WRAP>+[[:wiki:service_interactive.png?id=ja%3Adocumentation%3A02_installation%3A05_configuration_agents&media=wiki:service_interactive.png|{{  :wiki:service_interactive.png  }}]] </WRAP>
  
 また、Pandora FMS は "SYSTEM" アカウントのサービスとして動作するため、実行されるコマンドはこのユーザおよびこのユーザの環境で動作することに注意してください。したがって、特定のプロセスを特定のユーザで実行したい場合は、環境変数の設定やその他事前処理を行う呼び出し用スクリプト (.bat など) を用意し、そのスクリプトをウォッチドッグの起動プログラムとして設定する必要があります。 また、Pandora FMS は "SYSTEM" アカウントのサービスとして動作するため、実行されるコマンドはこのユーザおよびこのユーザの環境で動作することに注意してください。したがって、特定のプロセスを特定のユーザで実行したい場合は、環境変数の設定やその他事前処理を行う呼び出し用スクリプト (.bat など) を用意し、そのスクリプトをウォッチドッグの起動プログラムとして設定する必要があります。
行 975: 行 1274:
  
 特定のプロセスの CPU 使用率を返します。 特定のプロセスの CPU 使用率を返します。
- 
 <code> <code>
 +
  module_begin  module_begin
  module_name myserver_cpu  module_name myserver_cpu
行 986: 行 1285:
 </code> </code>
  
-== module_memproc <プロセス> (Unix のみ) ==+**Unix** 
 + 
 +UNIX では、このモジュールは module_service のように動作します。非同期およびウォッチドッグモードはサポートしません。 
 + 
 +== module_memproc == 
 + 
 +<code> 
 +module_memproc <プロセス> 
 + 
 +</code>
  
-特定のプロセスが利用しているメモリ量を返します。+**Unixのみです。**  特定のプロセスが利用しているメモリ量を返します。
  
 <code> <code>
行 1000: 行 1308:
 </code> </code>
  
-== module_freedisk <ドライブ名:>|<ボリューム> ==+== module_freedisk == 
 + 
 +<code> 
 +module_freedisk <ドライブ名:>|<ボリューム> 
 + 
 +</code>
  
 このモジュールは、UNIX および Windows 双方で利用できます。ディスクの空き容量をチェックします。(Windows では **ドライブ名** のあとに ":" を忘れないようにしてください。) UNIX であれば、/var などのボリュームを指定します。 このモジュールは、UNIX および Windows 双方で利用できます。ディスクの空き容量をチェックします。(Windows では **ドライブ名** のあとに ":" を忘れないようにしてください。) UNIX であれば、/var などのボリュームを指定します。
行 1022: 行 1335:
 </code> </code>
  
-== module_freepercentdisk <ドライブ名:>|<ボリューム> ==+== module_freepercentdisk == 
 + 
 +<code> 
 +module_freepercentdisk <ドライブ名:>|<ボリューム> 
 + 
 +</code>
  
 このモジュールは、ディスクの空きをパーセントで返します。Windows であれば、ドライブ名: (":"を忘れないようにしてください) で、UNIX であれば、/var などのボリュームを指定します。 このモジュールは、ディスクの空きをパーセントで返します。Windows であれば、ドライブ名: (":"を忘れないようにしてください) で、UNIX であれば、/var などのボリュームを指定します。
行 1044: 行 1362:
 </code> </code>
  
-== module_occupiedpercentdisk <ドライブ名:>|<ボリューム> ==+== module_occupiedpercentdisk ==
  
-(Unix のみ)+<code> 
 +module_occupiedpercentdisk <ドライブ名:>|<ボリューム> 
 + 
 +</code>
  
-このモジュールは、/var 等の Unix ファイルシステムのディスク使用率(%)を返します。+**Unix のみです。**  このモジュールは、/var 等の Unix ファイルシステムのディスク使用率(%)を返します。
 <code> <code>
  
行 1059: 行 1380:
 </code> </code>
  
-== module_cpuusage <cpu id> ==+== module_cpuusage == 
 + 
 +<code> 
 +module_cpuusage <cpu id|all> 
 + 
 +</code>
  
 このモジュールは、UNIX および Windows 双方で使えます。指定した CPU 番号の CPU 使用率を返します。CPU が 1つしかない場合は番号を指定しないか、all を指定します。 このモジュールは、UNIX および Windows 双方で使えます。指定した CPU 番号の CPU 使用率を返します。CPU が 1つしかない場合は番号を指定しないか、all を指定します。
  
 次のように、マルチ CPU 環境で全 CPU の平均使用率を得ることができます。 次のように、マルチ CPU 環境で全 CPU の平均使用率を得ることができます。
- 
 <code> <code>
 +
  module_begin  module_begin
  module_name SystemCPU  module_name SystemCPU
行 1116: 行 1442:
 == module_tcpcheck == == module_tcpcheck ==
  
-(Windows のみ+**Windows のみです。**  このモジュールは、指定された IPアドレスおよびポート番号への接続確認を行います。成功すると 1 が返り、失敗すると 0 が返ります。なお、タイムアウトを設定する必要があります。
- +
-このモジュールは、指定された IPアドレスおよびポート番号への接続確認を行います。成功すると 1 が返り、失敗すると 0 が返ります。なお、タイムアウトを設定する必要があります。+
  
 <code> <code>
行 1133: 行 1457:
 == module_regexp == == module_regexp ==
  
-(Windows のみ+Windows のみです。このモジュールは、 [[http://www.regular-expressions.info/reference.html|正規表現]]を使ってファイル(ログ)の内容の比較を行います。モニタリングを開始した時点ですでに存在している行については無視します。モジュールが返す値はモジュールタイプにより異なります。
- +
-このモジュールは、正規表現を使ってファイル(ログ)の内容の比較を行います。モニタリングを開始した時点ですでに存在している行については無視します。モジュールが返す値はモジュールタイプにより異なります。+
  
   * **generic_data_string**, **async_string**: 正規表現にマッチした行全体を返します。   * **generic_data_string**, **async_string**: 正規表現にマッチした行全体を返します。
行 1142: 行 1464:
   * **module_noseekeof**: 0 がデフォルトです。これを有効にすると、それぞれのモジュールの実行において、ターゲットのファイル更新からは独立して、ファイルの EOF を確認することなくチェック処理が実行されます。これにより、常に検索パターンにマッチするすべての行が XML 出力に展開されます。   * **module_noseekeof**: 0 がデフォルトです。これを有効にすると、それぞれのモジュールの実行において、ターゲットのファイル更新からは独立して、ファイルの EOF を確認することなくチェック処理が実行されます。これにより、常に検索パターンにマッチするすべての行が XML 出力に展開されます。
 <code> <code>
 +
  module_begin  module_begin
  module_name regexp  module_name regexp
行 1152: 行 1475:
 </code> </code>
  
-正規表現の詳細の書式については、こちら   を参照してください。 
  
 == module_wmiquery == == module_wmiquery ==
  
-(Windows のみ+Windows のみです。WMI モジュールは、外部ツールを使わずにローカルで WMI クエリを実行できます。2つのパラメータで設定します。
- +
-WMI モジュールは、外部ツールを使わずにローカルで WMI クエリを実行できます。2つのパラメータで設定します。+
  
   * **module_wmiquery**: 利用する WQL クエリを設定します。さまざまなデータを含む複数の行で結果を得ることができます。   * **module_wmiquery**: 利用する WQL クエリを設定します。さまざまなデータを含む複数の行で結果を得ることができます。
行 1188: 行 1508:
 == module_perfcounter == == module_perfcounter ==
  
-(Win32 のみ+**Windowsのみです。**  PDH インタフェースを通して、パフォーマンスカウンタ ([[http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/aa373083(v = vs.85).aspx|http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/aa373083(v = vs.85).aspx パフォーマンスカウンタドキュメント]]) からデータを取得します。Windows のライブラリの //pdh.dll//  がインストールされている必要があります。もしインストールされていない場合は、Windows パフォーマンス解析ツールをインストールする必要があります (通常はデフォルトでインストールされています)。
- +
-PDH インタフェースを通して、パフォーマンスカウンタ ([[http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/aa373083(v = vs.85).aspx|http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/aa373083(v = vs.85).aspx パフォーマンスカウンタドキュメント]]) からデータを取得します。Windows のライブラリの //pdh.dll//  がインストールされている必要があります。もしインストールされていない場合は、Windows パフォーマンス解析ツールをインストールする必要があります (通常はデフォルトでインストールされています)。+
 <code> <code>
  
行 1205: 行 1523:
 パフォーマンスツールから、パフォーマンスカウンターを確認できます。 パフォーマンスツールから、パフォーマンスカウンターを確認できます。
  
-{{  :wiki:perfcounter_screen1.png?450  }}+[[:wiki:perfcounter_screen1.png?id=ja%3Adocumentation%3A02_installation%3A05_configuration_agents&media=wiki:perfcounter_screen1.png|{{  :wiki:perfcounter_screen1.png?450  }}]]
  
 システムツールを用いて新たなパフォーマンスカウンターを追加することができます。その構成には、要素とサブ要素を含む管理構造があります。ここでは、//Processor, % of processor time//  および //_Total//  です。 システムツールを用いて新たなパフォーマンスカウンターを追加することができます。その構成には、要素とサブ要素を含む管理構造があります。ここでは、//Processor, % of processor time//  および //_Total//  です。
  
-{{  :wiki:perfcounter_screen2.png  }}+[[:wiki:perfcounter_screen2.png?id=ja%3Adocumentation%3A02_installation%3A05_configuration_agents&media=wiki:perfcounter_screen2.png|{{  :wiki:perfcounter_screen2.png  }}]]
  
 このように、OS のツールを使うことにより、システムパフォーマンスのさまざまな要素を取り込むことができます。この場合、モジュールの設定は次のようになります。 このように、OS のツールを使うことにより、システムパフォーマンスのさまざまな要素を取り込むことができます。この場合、モジュールの設定は次のようになります。
- 
 <code> <code>
 +
  module_begin  module_begin
  module_name Processor_Time  module_name Processor_Time
行 1273: 行 1591:
 == module_logevent == == module_logevent ==
  
-(Win32 のみ+Windows のみです。指定されたパターンに基づいて Windows イベントログから情報を取得し、ソースおよびイベントタイプに従ってフィルタリングする機能を提供します。
- +
-指定されたパターンに基づいて Windows イベントログから情報を取得し、ソースおよびイベントタイプに従ってフィルタリングする機能を提供します。+
  
 このモジュールの一般的な書式は次の通りです。 このモジュールの一般的な書式は次の通りです。
行 1333: 行 1649:
 その他例として、以下にイベントフィルタリングのスナップショットを示します。 その他例として、以下にイベントフィルタリングのスナップショットを示します。
  
-{{  :wiki:event_sample.png?450  }} +[[:wiki:event_sample.png?id=ja%3Adocumentation%3A02_installation%3A05_configuration_agents&media=wiki:event_sample.png|{{  :wiki:event_sample.png?450  }}]]
 <code> <code>
 +
  module_begin  module_begin
  module_name MyEvent  module_name MyEvent
行 1353: 行 1669:
 == module_logchannel == == module_logchannel ==
  
-(Windows のみ、7.0OUM715以降)+<WRAP center round tip 60%>バージョン NG 715 以上および、Windows のみ</WRAP>
  
 Windows ログチャネルに関する情報を取得するモジュールです。//module_logevent//  は Windows ログにのみアクセスしますが、これは、チャネルとして設定された他のログファイルからデータを展開することができます。これにより、サービスやアプリケーションログを含めたログ取得が可能になります。 Windows ログチャネルに関する情報を取得するモジュールです。//module_logevent//  は Windows ログにのみアクセスしますが、これは、チャネルとして設定された他のログファイルからデータを展開することができます。これにより、サービスやアプリケーションログを含めたログ取得が可能になります。
行 1401: 行 1717:
 このモジュール設定により、Pandora FMS エージェントは次のようなログを収集します。 このモジュール設定により、Pandora FMS エージェントは次のようなログを収集します。
  
-{{  :wiki:logchannel_example.png?700  }}+[[:wiki:logchannel_example.png?id=ja%3Adocumentation%3A02_installation%3A05_configuration_agents&media=wiki:logchannel_example.png|{{  :wiki:logchannel_example.png?700  }}]]
  
 <WRAP center round important 60%> イベントチャネルの名前を取得するには、チャネルを右クリックして、"**プロパティ(properties)**" を選択し、パラメータ "**フルネーム(Full name)**" をコピーします。これは、**module_source**  で必要です。 </WRAP> <WRAP center round important 60%> イベントチャネルの名前を取得するには、チャネルを右クリックして、"**プロパティ(properties)**" を選択し、パラメータ "**フルネーム(Full name)**" をコピーします。これは、**module_source**  で必要です。 </WRAP>
行 1410: 行 1726:
  
 次のような書式です。 次のような書式です。
- 
 <code> <code>
 +
 module_plugin plugin_filename parameter_1 parameter_2 parameter_3 module_plugin plugin_filename parameter_1 parameter_2 parameter_3
  
行 1443: 行 1759:
 </code> </code>
  
-== module_ping <ホスト> ==+== module_ping ==
  
-(バージョン 4.0.1 以降、Windows のみ)+**Windows のみ。** 
 + 
 +<code> 
 +module_ping <ホスト> 
 + 
 +</code>
  
 このモジュールは、指定したホストに ping を行い、応答があれば 1、そうでなければ 0 を返します。 このモジュールは、指定したホストに ping を行い、応答があれば 1、そうでなければ 0 を返します。
行 1469: 行 1790:
 == module_snmpget == == module_snmpget ==
  
-(Windows のみ)+**Windows のみ。**
  
 このモジュールは snmpget を実行し、その応答を返します。 このモジュールは snmpget を実行し、その応答を返します。
行 1494: 行 1815:
  
 </code> </code>
 +== module_wait_timeout ==
 +
 +**Windows のみ。**
 +<code>
 +module_wait_timeout X
 +
 +</code>
 +
 +モジュールの module_exec および module_plugin 出力がチェックされる際のタイムアウト時間。デフォルトの値は 500ミリ秒です。大量の出力を生成するモジュールで実行が遅い場合は、5に変更します。それ以外の場合は使用しないことをお勧めします。
 +
  
 ==== 自動エージェント設定 ==== ==== 自動エージェント設定 ====
行 1569: 行 1900:
 スクリプトの実行結果で、標準出力の結果が 0より大きい場合にルールにマッチしたと評価されます。 スクリプトの実行結果で、標準出力の結果が 0より大きい場合にルールにマッチしたと評価されます。
  
-ルールスクリプトでは、'arguments' フィールドに次のマクロが使えます。+**Call to the rule script**
  
-**_agent_ **+ ルールスクリプトでは、'arguments' フィールドに次のマクロが使えます。(演算子 ''AND'' と ''OR'' のどちらかを選択して、ルールロジックを変更できます) 
 +  * **_agent_ :**  エージェント名に置き換えられます。 
 +  * **_agentalias_ : **  エージェントの別名に置き換えられます。 
 +  * **_address_ :**  エージェントから報告された IP アドレスに置き換えられます。 
 +  * **_agentgroup_ :**  エージェントから報告されたグループ名に置き換えられます。 
 +  * **_agentos_ :**  エージェントの OS で置き換えられます。 
 +[[:wiki:autoconf_rules2.png?id=ja:documentation:02_installation:05_configuration_agents&media=wiki:autoconf_rules2.png|{{  :wiki:autoconf_rules2.png?nolink&400  }}]]
  
-エージェント名に換えられます。+<WRAP center round tip 60%>ルールが無い場合は、自動設定は適用されません。全てのエージェントに対して一つの設定でよい場合は、すべての別名にマッチする正規表現 ''.*''  を使うことができます。</WRAP>
  
-**_agentalias_ ** 
- 
-エージェントの別名に置き換えられます。 
- 
-**_address_** 
- 
-エージェントから報告された IP アドレスに置き換えられます。 
- 
-**_agentgroup_ ** 
- 
-エージェントから報告されたグループ名に置き換えられます。 
- 
-**_agentos_** 
- 
-エージェントの OS で置き換えられます。 
- 
-ルールの適用条件で <i>AND</i> および <i>OR</i> を選択できます。 
- 
-{{  :wiki:autoconf_rules2.png?750  }} 
- 
-**注意:**  ルールが無い場合は、自動設定は適用されません。 
- 
-全てのエージェントに対して一つの設定でよい場合は、すべての<i>別名</i>にマッチする次の正規表現を使うことができます。 
- 
-<code> 
-.* 
- 
-</code> 
  
 == 設定 == == 設定 ==
行 1668: 行 1977:
 ==== Unix/Linux エージェント ==== ==== Unix/Linux エージェント ====
  
-UNIX には、簡単にデータを収集できるいくつかのコマンドラインツールがあります。UNIX エージェントはこれをベースにしており、次の 2つの種類があります。 
- 
-  * ShellScript:さまざまな OS にある、bash、ksh、csh などのシェルスクリプトを用いたエージェントです。Linux や MAC 向けにはすべての機能が実装されていますが、伝統的な UNIX システム (Solaris、AIX、HPUX) 向けには、すべての機能は実装されていません。 
- 
-  * Perl:全ての UNIX システムで動作する、Perl 5.8 をベースにしたマルチプラットフォームエージェントです。Perl 5.8 以上が必要です。 
- 
-シェルスクリプトエージェントは、古い UNIX (HPUX11.0、AIX 4.1、Solaris 2.6 など) でも動くように作られています。ただし、機能は制限されており、Tentacle クライアントがありません。サーバにモニタデータをアップロードするには、FTP もしくは SSH を利用する必要があります。 
  
 === Pandora FMS Unix エージェントの設定 === === Pandora FMS Unix エージェントの設定 ===
行 1680: 行 1982:
 把握しておくべき基本的なファイルとディレクトリは次のとおりです。 把握しておくべき基本的なファイルとディレクトリは次のとおりです。
  
-  * ///usr/share/pandora_agent// /: Pandora FMS エージェントがインストールされる場所です。厳密なシステムポリシーがあり、ここにインストールできないシステムでは、実際のインストールパスからこのパスへのリンクを作成することを推奨します。例: '/opt/pandora' → '/usr/share/pandora_agent'+  * ///usr/share/pandora_agent//  /: Pandora FMS エージェントがインストールされる場所です。厳密なシステムポリシーがあり、ここにインストールできないシステムでは、実際のインストールパスからこのパスへのリンクを作成することを推奨します。例: '/opt/pandora' → '/usr/share/pandora_agent'
   * ///etc/pandora/pandora_agent.conf//: エージェントのメインの設定ファイルです。ここにデータの収集に使うコマンドの定義がされています。   * ///etc/pandora/pandora_agent.conf//: エージェントのメインの設定ファイルです。ここにデータの収集に使うコマンドの定義がされています。
   * ///usr/local/bin/pandora_agent//: Pandora FMS エージェント本体です。これは、pandora_agent.conf で設定されたデータ収集を行うシェルスクリプトです。これはまた、Pandora サーバにデータパケットを送信します。通常、/usr/bin/pandora_agent にリンクされています。   * ///usr/local/bin/pandora_agent//: Pandora FMS エージェント本体です。これは、pandora_agent.conf で設定されたデータ収集を行うシェルスクリプトです。これはまた、Pandora サーバにデータパケットを送信します。通常、/usr/bin/pandora_agent にリンクされています。
行 1749: 行 2051:
   - 行の終わりに ";" があることを確認   - 行の終わりに ";" があることを確認
   - コマンドが ' ' でくくられているか確認   - コマンドが ' ' でくくられているか確認
-  - ' を使う場合は、次のように  でエスケープしているか確認+  - ' を使う場合は、次のように でエスケープしているか確認
 <code> <code>
  
行 1767: 行 2069:
 === Pandora FMS Windows エージェントの設定 === === Pandora FMS Windows エージェントの設定 ===
  
-Windows エージェントの基本的なパスやディレクトリは、エージェントをインストールした場所になります。デフォルトでは //C:\Program files//  です。理解しておきたい基本的なファイルは次の通りです。+Windows エージェントの基本的なパスやディレクトリは、エージェントをインストールした場所になります。デフォルトでは //C:\Program files// です。 
 + 
 +{{  :wiki:programfiles-pandora_agent.png?500  }} 
 + 
 +理解しておきたい基本的なファイルは次の通りです。
  
   * //C:\Program Files\pandora_agent//: Pandora FMS エージェントの実行ファイルやディレクトリがあるインストール先です。   * //C:\Program Files\pandora_agent//: Pandora FMS エージェントの実行ファイルやディレクトリがあるインストール先です。
行 1777: 行 2083:
   * //C:\Program Files\pandora_agent\util//: エージェントプラグインを含むディレクトリです。   * //C:\Program Files\pandora_agent\util//: エージェントプラグインを含むディレクトリです。
   * //C:\Program Files\pandora_agent\collections//: エージェントのコレクションを含むディレクトリです。   * //C:\Program Files\pandora_agent\collections//: エージェントのコレクションを含むディレクトリです。
 +==== ソフトウエアエージェントの自動デプロイ ====
 +
 +自動検出システムを通したデプロイの仕組みを使ってソフトウエアエージェントをデプロイすることができます。より詳細は、 [[:ja:documentation:03_monitoring:04_discovery#自動エージェントデプロイ|こちら]]を参照してください。
 +
 +
 ==== ソフトウエアエージェントの自動アップグレード ==== ==== ソフトウエアエージェントの自動アップグレード ====
  
ºº