差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
ja:documentation:02_installation:04_configuration [2021/08/08 21:52]
junichi [rcmd_timeout_bin]
ja:documentation:02_installation:04_configuration [2021/11/05 12:05] (現在)
行 17: 行 17:
 Pandora FMS バージョン 7.0NG 752 以降では、グラフィカルインターフェイスを使用して、Pandora FMS サーバに関連するいくつかの変更を行うことができます。(端末からも Web コンソールからも)プレーンテキストで設定ファイルにアクセスする必要はありません。 Pandora FMS バージョン 7.0NG 752 以降では、グラフィカルインターフェイスを使用して、Pandora FMS サーバに関連するいくつかの変更を行うことができます。(端末からも Web コンソールからも)プレーンテキストで設定ファイルにアクセスする必要はありません。
  
-**これを行うには、リモート設定を ''pandora_server.conf'' 設定ファイル内で事前に有効にする必要があります** 。 [[:pandora:documentation_ja:managing_and_administration#サーバ|サーバ表示]]にアクセスし、データサーバ行で有効になっているリモート設定アイコンをクリックする必要があります。+**これを行うには、リモート設定を ''pandora_server.conf'' 設定ファイル内で事前に有効にする必要があります** 。 [[:ja:documentation:04_using:11_managing_and_administration#サーバ|サーバ表示]]にアクセスし、データサーバ行で有効になっているリモート設定アイコンをクリックする必要があります。
  
-[[:wiki:servers-manage-servers-pandora-fms-servers-remote-configuration-icon.png?id=ja%3Adocumentation%3A02_installation%3A04_configuration&media=wiki:servers-manage-servers-pandora-fms-servers-remote-configuration-icon.png|{{  :wiki:servers-manage-servers-pandora-fms-servers-remote-configuration-icon.png?300  }}]]+{{  :wiki:servers-manage-servers-pandora-fms-servers-remote-configuration-icon.png?300  }}
  
 最初のセクション **サーバの機能** で、各サーバの横にあるトークンでサーバを有効または無効にすることができます。 最初のセクション **サーバの機能** で、各サーバの横にあるトークンでサーバを有効または無効にすることができます。
  
-[[:wiki:server_editor_formulario.png?id=ja%3Adocumentation%3A02_installation%3A04_configuration&media=wiki:server_editor_formulario.png|{{  :wiki:server_editor_formulario.png?800  }}]]+{{  :wiki:server_editor_formulario.png  }}
  
 2番目の設定部分では、最適化設定を行う **最適化設定(Optimization settings)** もあります。このセクションでは、タイムアウト時間やサーバ専用のスレッドなどのパラメータを変更できます。 2番目の設定部分では、最適化設定を行う **最適化設定(Optimization settings)** もあります。このセクションでは、タイムアウト時間やサーバ専用のスレッドなどのパラメータを変更できます。
行 58: 行 58:
 === dbengine === === dbengine ===
  
-常に 'Mysql' です。(デフォルト値) +常に 'Mysql' です。(デフォルト値、 [[:ja:documentation:01_understanding:02_architecture#pandora_fms_アーキテクチャ1|MySQL は Pandora FMS のデータベースソフトウエアです]])
 === dbname === === dbname ===
  
行 197: 行 196:
 Pandora FMS データサーバを有効にする場合は 1 に設定します。無効にする場合は 0 に設定します。 Pandora FMS データサーバを有効にする場合は 1 に設定します。無効にする場合は 0 に設定します。
  
-<WRAP center round important 60%> [[:ja:documentation:06_metaconsole:02_architecture#e38387e383bce382bf28data29e382b5e383bce38390|データサーバ]] は他のタスクも実行する特別なサーバです。複数の Pandora FMS サーバをインストールする場合は、少なくとも 1つでは //データサーバ//  を動作させる必要があります。 </WRAP>+<WRAP center round important 60%> 
 +[[:ja:documentation:01_understanding:02_architecture#データ_data_サーバ|データサーバ]] は他のタスクも実行する特別なサーバです。複数の Pandora FMS サーバをインストールする場合は、少なくとも 1つでは //データサーバ// を動作させる必要があります。 
 +</WRAP>
  
 === reconserver === === reconserver ===
  
-Pandora FMS [[:ja:documentation:06_metaconsole:02_architecture#e887aae58b95e6a49ce587ba28recognition29e382b5e383bce38390|自動検出サーバ]]を有効にする場合は 1 に設定します。無効にする場合は 0 に設定します。+Pandora FMS [[:ja:documentation:01_understanding:02_architecture#自動検出_recognition_サーバ|自動検出サーバ]]を有効にする場合は 1 に設定します。無効にする場合は 0 に設定します。
  
 === pluginserver === === pluginserver ===
行 235: 行 236:
 <WRAP center round tip 60%> バージョン NG 7 以上 </WRAP> <WRAP center round tip 60%> バージョン NG 7 以上 </WRAP>
  
-通常は '0' ですが、Pandora FMS Server をデバッグしたい場合に '1' にすると、"/tmp/<サーバ名>.<サーバタイプ>.<スレッド番号>" というファイルが作成され、サーバの状態がスレッドごとに定期的に書き出されます。例:+通常は '0' ですが、Pandora FMS Server をデバッグしたい場合に '1' にすると、以下のファイルサーバの状態がスレッドごとに定期的に書き出されます。 
 <code> <code>
  
 +/tmp/<サーバ名>.<サーバタイプ>.<スレッド番号>.log
 +
 +</code>
 +
 +例:
 +
 +<code>
  [root_pandorafms]# cat /tmp/pandorafms.*  [root_pandorafms]# cat /tmp/pandorafms.*
- 2017-12-05 09:44:19 pandorafms dataserver (thread 2):[CONSUMER] Waiting for data. + 2017-12-05 09:44:19 pandorafms dataserver (thread 2):[[CONSUMER|]] Waiting for data. 
- 2017-12-05 09:44:39 pandorafms dataserver (thread 3):[PRODUCER] Queuing tasks. + 2017-12-05 09:44:39 pandorafms dataserver (thread 3):[[PRODUCER|]] Queuing tasks. 
- 2017-12-05 09:44:40 pandorafms eventserver (thread 21):[CONSUMER] Waiting for data. + 2017-12-05 09:44:40 pandorafms eventserver (thread 21):[[CONSUMER|]] Waiting for data. 
- 2017-12-05 09:44:40 pandorafms eventserver (thread 22):[PRODUCER] Queuing tasks. + 2017-12-05 09:44:40 pandorafms eventserver (thread 22):[[PRODUCER|]] Queuing tasks. 
- 2017-12-05 09:44:14 pandorafms inventoryserver (thread 17):[CONSUMER] Waiting for data. + 2017-12-05 09:44:14 pandorafms inventoryserver (thread 17):[[CONSUMER|]] Waiting for data. 
- 2017-12-05 09:44:39 pandorafms inventoryserver (thread 18):[PRODUCER] Queuing tasks. + 2017-12-05 09:44:39 pandorafms inventoryserver (thread 18):[[PRODUCER|]] Queuing tasks. 
- 2017-12-05 09:44:14 pandorafms networkserver (thread 4):[CONSUMER] Waiting for data. + 2017-12-05 09:44:14 pandorafms networkserver (thread 4):[[CONSUMER|]] Waiting for data. 
- 2017-12-05 09:44:14 pandorafms networkserver (thread 5):[CONSUMER] Waiting for data. + 2017-12-05 09:44:14 pandorafms networkserver (thread 5):[[CONSUMER|]] Waiting for data. 
- 2017-12-05 09:44:14 pandorafms networkserver (thread 6):[CONSUMER] Waiting for data. + 2017-12-05 09:44:14 pandorafms networkserver (thread 6):[[CONSUMER|]] Waiting for data. 
- 2017-12-05 09:44:14 pandorafms networkserver (thread 7):[CONSUMER] Waiting for data. + 2017-12-05 09:44:14 pandorafms networkserver (thread 7):[[CONSUMER|]] Waiting for data. 
- 2017-12-05 09:44:39 pandorafms networkserver (thread 8):[PRODUCER] Queuing tasks. + 2017-12-05 09:44:39 pandorafms networkserver (thread 8):[[PRODUCER|]] Queuing tasks. 
- 2017-12-05 09:44:14 pandorafms pluginserver (thread 13):[CONSUMER] Waiting for data. + 2017-12-05 09:44:14 pandorafms pluginserver (thread 13):[[CONSUMER|]] Waiting for data. 
- 2017-12-05 09:44:39 pandorafms pluginserver (thread 14):[PRODUCER] Queuing tasks. + 2017-12-05 09:44:39 pandorafms pluginserver (thread 14):[[PRODUCER|]] Queuing tasks. 
- 2017-12-05 09:44:14 pandorafms predictionserver (thread 15):[CONSUMER] Waiting for data. + 2017-12-05 09:44:14 pandorafms predictionserver (thread 15):[[CONSUMER|]] Waiting for data. 
- 2017-12-05 09:44:39 pandorafms predictionserver (thread 16):[PRODUCER] Queuing tasks. + 2017-12-05 09:44:39 pandorafms predictionserver (thread 16):[[PRODUCER|]] Queuing tasks. 
- 2017-12-05 09:44:39 pandorafms reconserver (thread 10):[PRODUCER] Queuing tasks. + 2017-12-05 09:44:39 pandorafms reconserver (thread 10):[[PRODUCER|]] Queuing tasks. 
- 2017-12-05 09:44:14 pandorafms reconserver (thread 9):[CONSUMER] Waiting for data. + 2017-12-05 09:44:14 pandorafms reconserver (thread 9):[[CONSUMER|]] Waiting for data. 
- 2017-12-05 09:44:15 pandorafms webserver (thread 19):[CONSUMER] Waiting for data. + 2017-12-05 09:44:15 pandorafms webserver (thread 19):[[CONSUMER|]] Waiting for data. 
- 2017-12-05 09:44:40 pandorafms webserver (thread 20):[PRODUCER] Queuing tasks. + 2017-12-05 09:44:40 pandorafms webserver (thread 20):[[PRODUCER|]] Queuing tasks. 
- 2017-12-05 09:44:14 pandorafms wmiserver (thread 11):[CONSUMER] Waiting for data. + 2017-12-05 09:44:14 pandorafms wmiserver (thread 11):[[CONSUMER|]] Waiting for data. 
- 2017-12-05 09:44:39 pandorafms wmiserver (thread 12):[PRODUCER] Queuing tasks.+ 2017-12-05 09:44:39 pandorafms wmiserver (thread 12):[[PRODUCER|]] Queuing tasks.
  
 </code> </code>
行 327: 行 336:
 === wmi_threads === === wmi_threads ===
  
-[[:pandora:documentation_ja:architecture#wmi_e382b5e383bce38390|WMI サーバ]] のスレッド数を設定します。同時にいくつのチェックを実行するかを示します。+[[:ja:documentation:01_understanding:02_architecture#wmi_サーバ|WMI サーバ]] のスレッド数を設定します。同時にいくつのチェックを実行するかを示します。
  
 === recon_threads === === recon_threads ===
  
-[[:pandora:documentation_ja:architecture#e887aae58b95e6a49ce587ba28recognition29e382b5e383bce38390|自動検出サーバ]] のスレッド数を設定します。同時にいくつのチェックを実行するかを示します。+[[:ja:documentation:01_understanding:02_architecture#自動検出_recognition_サーバ|自動検出サーバ]] のスレッド数を設定します。同時にいくつのチェックを実行するかを示します。
  
 === dataserver_threads === === dataserver_threads ===
行 345: 行 354:
 <WRAP center round important 60%> Pandora FMS ISO イメージをつかってインストールしており、Postfix を使いたい場合は、Pandora サーバから DNS を使って、あなたの電子メールドメインを担当するメールサーバの名前解決ができることを確認してください。 <WRAP center round important 60%> Pandora FMS ISO イメージをつかってインストールしており、Postfix を使いたい場合は、Pandora サーバから DNS を使って、あなたの電子メールドメインを担当するメールサーバの名前解決ができることを確認してください。
  
-//nslookup -type = mx my.domain//+<code> 
 +nslookup -type = mx my.domain 
 +</code>
  
 また、Pandora サーバからリダイレクトされるメールをメールサーバが受け取るかも確認してください。 </WRAP> また、Pandora サーバからリダイレクトされるメールをメールサーバが受け取るかも確認してください。 </WRAP>
  
-<WRAP center round important 60%> 設定しない場合、Pandora FMS コンソールの MTA 設定が利用されます。Pandora FMS サーバとコンソールで異なる MTA 設定にすることができます。 </WRAP>+<WRAP center round important 60%> 
 +設定しない場合、[[:ja:documentation:04_using:12_console_setup#一般設定|Pandora FMS コンソールの設定]]が利用されます。Pandora FMS サーバとコンソールで異なる MTA 設定にすることができます。 
 +</WRAP>
  
 === mta_port === === mta_port ===
行 387: 行 400:
 === nmap === === nmap ===
  
-[[:pandora:documentation_ja:architecture#e887aae58b95e6a49ce587ba28recognition29e382b5e383bce38390|自動検出サーバ]]に必要なプログラムの指定で、デフォルトは、///usr/bin/nmap//  です。+[[:ja:documentation:01_understanding:02_architecture#自動検出_recognition_サーバ|自動検出サーバ]]に必要なプログラムの指定で、デフォルトは、''/usr/bin/nmap'' です。
  
 === fping === === fping ===
  
-ICMP サーバに必要なプログラムの指定で、デフォルトは、///usr/sbin/fping//  です。+ICMP サーバに必要なプログラムの指定で、デフォルトは、''/usr/sbin/fping''  です。
  
 === nmap_timing_template === === nmap_timing_template ===
行 527: 行 540:
 {{:wiki:icono-modulo-enterprise.png  |Enterprise 版}} {{:wiki:icono-modulo-enterprise.png  |Enterprise 版}}
  
-ウェブのチェック([[:ja:documentation:06_metaconsole:02_architecture#e382a6e382a7e38396e382b5e383bce3839028goliat29|Goliat サーバ]])を有効にする場合は 1 に設定します。無効にする場合は 0 に設定します。Web ユーザエクスペリエンス(WUX)監視サーバとは関係ありません。+ウェブのチェック([[:ja:documentation:01_understanding:02_architecture#ウェブサーバ_goliat|Goliat サーバ]])を有効にする場合は 1 に設定します。無効にする場合は 0 に設定します。Web ユーザエクスペリエンス(WUX)監視サーバとは関係ありません。
  
 === web_threads === === web_threads ===
行 575: 行 588:
 {{:wiki:icono-modulo-enterprise.png  |Enterprise 版}} {{:wiki:icono-modulo-enterprise.png  |Enterprise 版}}
  
-イベント収集サーバを有効(1)または無効(0)にします。(1がデフォルトです)+''1'' にするとイベント相関サーバを有効にします。''0'' で無効です。(デフォルトは ''1'' です) ''[[:ja:documentation:02_installation:04_configuration#correlationserver|correlationserver]]'' も参照してください。
  
 === event_window === === event_window ===
行 651: 行 664:
 有効化(1)すると、サーバはポリシーキューを確認します。デフォルトの値は 1 です。 有効化(1)すると、サーバはポリシーキューを確認します。デフォルトの値は 1 です。
  
-=== event_replication === 
  
-有効化(1)した場合、イベントをメタコンソールへ複製する処理が実行されます。この処理は、コンソールで正しく設定されていない場合は有効化されません。デフォルトの値は 0 です。 
  
 === event_auto_validation === === event_auto_validation ===
行 730: 行 741:
 </code> </code>
  
-=== snmp_forward_ip === 
  
-SNMP trap の転送先ホストの IP アドレスです。 
  
-<WRAP center round important 60%> ローカルの IP アドレスを設定すると転送処理がループし、監視サーバが動作しなくなりますので十分注意してください。 </WRAP> 
  
-=== snmp_forward_community === 
  
-転送する時のコミュニティです。 
  
-=== snmp_forward_version === 
  
-SNMP trap を転送するときに使う SNMP のバージョンです。このトークンには次の値を指定できます。 
  
-  * 1 
-  * 2c 
-  * 3 
  
-=== snmp_forward_secName === 
  
-SNMP バージョン 3 の場合のみです。セキュリティ名を定義します。より詳細は、[[http://net-snmp.sourceforge.net/docs/man/snmpcmd.html|snmpcmd の man ページ]]を参照してください。 
  
-=== snmp_forward_engineid === 
  
-SNMP バージョン 3 の場合のみです。認証(セキュリティ)エンジンIDを定義します。より詳細は、[[http://net-snmp.sourceforge.net/docs/man/snmpcmd.html|snmpcmd の man ページ]]を参照してください。 
  
-=== snmp_forward_authProtocol === 
  
-SNMP バージョン 3 の場合のみです。認証プロトコルを定義します。このトークンには次の値を設定できます。 
  
-  * MD5 
-  * SHA 
  
-より詳細は、[[http://net-snmp.sourceforge.net/docs/man/snmpcmd.html|snmpcmd の man ページ]]を参照してください。 
  
-=== snmp_forward_authPassword === 
  
-SNMP バージョン 3 の場合のみです。認証パスフレーズを定義します。より詳細は、[[http://net-snmp.sourceforge.net/docs/man/snmpcmd.html|snmpcmd の man ページ]]を参照してください。 
  
-=== snmp_forward_privProtocol === 
- 
-SNMP バージョン 3 の場合のみです。暗号化プロトコルを定義します。このトークンには次の値を設定できます。 
- 
-  * DES 
-  * AES 
- 
-より詳細は、[[http://net-snmp.sourceforge.net/docs/man/snmpcmd.html|snmpcmd の man ページ]]を参照してください。 
- 
-=== snmp_forward_privPassword === 
- 
-SNMP バージョン 3 の場合のみです。暗号化パスフレーズを定義します。より詳細は、[[http://net-snmp.sourceforge.net/docs/man/snmpcmd.html|snmpcmd の man ページ]]を参照してください。 
- 
-=== snmp_forward_secLevel === 
- 
-SNMP バージョン 3 の場合のみです。セキュリティレベルを定義します。このトークンには次の値を設定できます。 
- 
-  * noAuthNoPriv 
-  * authNoPriv 
-  * authPriv 
- 
-より詳細は、[[http://net-snmp.sourceforge.net/docs/man/snmpcmd.html|snmpcmd の man ページ]]を参照してください。 
  
 === claim_back_snmp_modules === === claim_back_snmp_modules ===
行 818: 行 786:
 === console_pass === === console_pass ===
  
-前述のユーザのパスワードです。+[[:ja:documentation:02_installation:04_configuration#console_user|コンソールの API ユーザ]]のパスワードです。
  
 === encryption_passphrase === === encryption_passphrase ===
  
 [[:ja:documentation:07_technical_annexes:08_password_encryption|暗号化パスワードの鍵を生成]]するために利用する暗号化フレーズです。デフォルトではコメントアウトされています。 [[:ja:documentation:07_technical_annexes:08_password_encryption|暗号化パスワードの鍵を生成]]するために利用する暗号化フレーズです。デフォルトではコメントアウトされています。
 +
 +=== unknown_events ===
 +
 +有効化(''1'')すると、''不明'' 状態のモジュールイベントが有効になります。デフォルトは ''1'' です。
  
 === unknown_interval === === unknown_interval ===
行 860: 行 832:
 === enc_dir === === enc_dir ===
  
-XML parser 用の追加の [[http://search.cpan.org/~msergeant/XML-Parser-2.36/Parser.pm#ENCODINGS|.enc]] ファイルを置くディレクトリです。ここにあるファイルは、起動時にデータサーバによって自動的に読み込まれます。 +XML parser 用の追加の [[http://search.cpan.org/~msergeant/XML-Parser-2.36/Parser.pm#ENCODINGS|.enc]] ファイルを置くディレクトリです。ここにあるファイルは、起動時に[[:ja:documentation:01_understanding:02_architecture#データ_data_サーバ|データサーバ]]によって自動的に読み込まれます。
 === dynamic_updates === === dynamic_updates ===
  
行 892: 行 863:
 <WRAP center round tip 60%> バージョン NG 7 以上 </WRAP> <WRAP center round tip 60%> バージョン NG 7 以上 </WRAP>
  
-{{:wiki:icono-modulo-enterprise.png  |Enterprise version.}}+{{:wiki:icono-modulo-enterprise.png  |Enterprise }}
  
 ウェブユーザエクスペリエンス分析(WUX)サーバを有効化します。wux_host および wux_port の設定が必要です。 ウェブユーザエクスペリエンス分析(WUX)サーバを有効化します。wux_host および wux_port の設定が必要です。
行 981: 行 952:
 [[:ja:documentation:03_monitoring:14_syncserver_monitoring|同期サーバ]]用の Tentacle サーバのアドレスです。 [[:ja:documentation:03_monitoring:14_syncserver_monitoring|同期サーバ]]用の Tentacle サーバのアドレスです。
  
-=== logstash_host === 
  
-{{:wiki:icono-modulo-enterprise.png  |Enterprise 版}} 
  
-logstash をインストールしたマシンの名前もしくは IP アドレス。 
- 
-=== logstash_port === 
- 
-{{:wiki:icono-modulo-enterprise.png  |Enterprise 版}} 
  
-logstash をインストールしたマシンのポート番号。 
  
 === ha_interval === === ha_interval ===
行 1106: 行 1069:
  
 アラートの実行が ''alertserver_warn'' 秒を超えて遅延している場合は、1時間ごとの警告イベントを生成します。 デフォルトは 180秒です。  アラートの実行が ''alertserver_warn'' 秒を超えて遅延している場合は、1時間ごとの警告イベントを生成します。 デフォルトは 180秒です。 
 +
 +=== dbssl ===
 +
 +<code>
 +dbssl 0
 +
 +</code>
 +
 +データベース接続における SSL の有効化(''1'')または無効化(''0'')をします。デフォルト値は 0 です。
 +
 +<WRAP center round info 60%>Pandora FMS システム全体の操作を確認するには、[[:ja:documentation:07_technical_annexes:15_security_architecture|セキュリティアーキテクチャ]] を参照してください。</WRAP>
 +
 +=== dbsslcafile ===
 +
 +<code>
 +# dbsslcafile
 +
 +</code>
 +
 +信頼できるSSL [[http://Certificate_authority|certificate authorities]][[wp>Certificate_authority]] のリストが含まれる [[wp>X.509#Certificate_filename_extensions|PEM]] フォーマットファイルへのパスです。デフォルトではコメントアウトされています。有効化するには、コメントを外し、ファイルのパスを設定します。
 +
 +<WRAP center round info 60%>Pandora FMS システム全体の操作を確認するには、[[:ja:documentation:07_technical_annexes:15_security_architecture|セキュリティアーキテクチャ]] を参照してください。</WRAP>
 +
 +=== dbsslcapath ===
 +
 +<code>
 +# dbsslcapath
 +
 +</code>
 +
 +[[wp>X.509#Certificate_filename_extensions|PEM]] フォーマットで信頼できる SSL 証明書 [[wp>Certificate_authority|authority certificates]] が含まれるディレクトリのパスです。デフォルトではコメントアウトされています。有効化するには、コメントを外し、ファイルのパスを設定します。
 +
 +<WRAP center round info 60%>Pandora FMS システム全体の操作を確認するには、[[:ja:documentation:07_technical_annexes:15_security_architecture|セキュリティアーキテクチャ]] を参照してください。</WRAP>
 +
 +=== splitbrain_autofix ===
 +
 +<code>
 +# Pandora FMS HA MySQL cluster splitbrain auto-recovery (PANDORA FMS ENTERPRISE ONLY)
 +# IMPORTANT! Please understand and configure all settings from pandora_console/index.php?
 +sec=gservers&sec2=enterprise/godmode/servers/HA_cluster&tab=setup
 +# before enable this feature.
 +#splitbrain_autofix 0
 +
 +</code>
 +
 +これは、両方のノードがメインまたは //マスター// として動作する //スプリットブレーン//、が発生した ''pandora_ha'' 環境を自動的に復旧できるようにするパラメータ ('' 1 '' で有効) です。 
 +
 +<WRAP center round info 60%>\\
 +Pandora FMS HA の操作に関しては、[[:ja:documentation:05_big_environments:06_ha#database_ha|冗長化構成(HA)]] を参照してください。\\
 +</WRAP>
 +
 +**サーバ(サーバ)** → **データベースHA管理(Manage database HA)** → **セットアップ(Setup)** の全値を理解し設定する必要があります:
 +
 +{{  :wiki:pfms-servers-manage_database_ha-setup.png  }}
 +
 +<WRAP center round info 60%>\\
 +詳細については、[[:ja:documentation:05_big_environments:06_ha#スプリットブレーンからの自動復旧|スプリットブレーンからの自動復旧]] を参照してください。\\
 +</WRAP>
 +
 +=== ha_max_splitbrain_retries ===
 +
 +<code>
 +# Pandora FMS HA MySQL cluster splitbrain auto-recovery settings (PANDORA FMS ENTERPRISE ONLY)
 +# Maximum number of retries
 +#ha_max_splitbrain_retries 2
 +
 +</code>
 +
 +//[[:ja:documentation:02_installation:04_configuration#splitbrain_autofix|スプリットブレーン自動復旧]]// の初回実行が失敗した場合に何回再試行するかです。
 +
 +<WRAP center round info 60%>\\
 +詳細については、[[:ja:documentation:05_big_environments:06_ha#スプリットブレーンからの自動復旧|スプリットブレーンからの自動復旧]] を参照してください。\\
 +</WRAP>
 +
 +=== ha_max_resync_wait_retries ===
 +
 +<code>
 +# Pandora FMS HA MySQL cluster splitbrain auto-recovery settings (PANDORA FMS ENTERPRISE ONLY)
 +# Maximum number of retries to verify resync status.
 +#ha_max_resync_wait_retries 3
 +
 +</code>
 +
 +//[[:ja:documentation:02_installation:04_configuration#splitbrain_autofix|スプリットブレーン自動復旧]]// 処理の最後に同期が成功したかどうかをチェックする回数です。
 +
 +<WRAP center round info 60%>\\
 +詳細については、[[:ja:documentation:05_big_environments:06_ha#スプリットブレーンからの自動復旧|スプリットブレーンからの自動復旧]] を参照してください。\\
 +</WRAP>
 +
 +=== ha_resync_sleep ===
 +
 +<code>
 +# Pandora FMS HA MySQL cluster splitbrain auto-recovery settings (PANDORA FMS ENTERPRISE ONLY)
 +# Maximum number of seconds waiting while verifying resync status.
 +#ha_resync_sleep 10
 +
 +</code>
 +
 +上記のトークンで設定されたリトライ間の秒数です。両方のパラメーターは //[[:ja:documentation:02_installation:04_configuration#splitbrain_autofix|スプリットブレーン自動復旧]]// 機能に依存します。
 +
 +<WRAP center round info 60%>\\
 +詳細については、[[:ja:documentation:05_big_environments:06_ha#スプリットブレーンからの自動復旧|スプリットブレーンからの自動復旧]] を参照してください。\\
 +</WRAP>
 +
 +=== ncmserver ===
 +<code>
 +
 +# Network manager configuration server (PANDORA FMS ENTERPRISE ONLY).
 +ncmserver 1
 +
 +</code>
 +
 +{{:wiki:icono-modulo-enterprise.png?23x23  |Enterprise 版}NCM サーバ。この設定パラメータは、[[:ja:documentation:03_monitoring:16_ncm|ネットワークデバイス設定管理サーバ]]の有効化に利用します。 有効化: ''1''  , 無効化 ''0'' です。デフォルトは無効です。
 +
 +
 +=== ncmserver_threads ===
 +<code>
 +
 +# Threads for NCM server (PANDORA FMS ENTERPRISE ONLY).
 +ncmserver_threads 1
 +
 +</code>
 +
 +{{:wiki:icono-modulo-enterprise.png?23x23  |Enterprise 版}} [[:ja:documentation:02_installation:04_configuration#ncmserver|NCM サーバ]]のスレッド数です。
 +
 +=== ncm_ssh_utility ===
 +<code>
 +
 +# NCM utility to execute SSH and Telnet connections.
 +ncm_ssh_utility /usr/share/pandora_server/util/ncm_ssh_extension
 +
 +</code>
 +
 +{{:wiki:icono-modulo-enterprise.png?23x23  |Enterprise 版}} [[:ja:documentation:02_installation:04_configuration#ncmserver|NCM サーバ]]の実行バイナリのパスです。デフォルトでは以下にインストールされています: \\
 +''/usr/share/pandora_server/util/ncm_ssh_extension''
 +
 +このバイナリは、NCM サーバの設定において Telnet または SSH でネットワークデバイスへ接続するために利用されます。
 +
 +=== correlationserver ===
 +<code>
 +
 +# Enable (1) or disable (0) Pandora FMS Correlation Server
 +# (PANDORA FMS ENTERPRISE ONLY).
 +correlationserver 0
 +
 +</code>
 +
 +{{:wiki:icono-modulo-enterprise.png?23x23  |Enterprise 版}} このサーバは、''[[:ja:documentation:02_installation:04_configuration#eventserver|eventserver]]'' を //**置き換える**// ものです。これを利用するには、次のように ''eventserver'' を無効化し、''correlationserver'' を有効化する必要があります。
 +
 +<code>
 +
 +eventserver 0
 +correlationserver 1
 +
 +</code>
 +
 +このサーバは、相関するアラートを時間間隔で評価し、多数の同時イベントが発生する環境でワークキューを最適化します。
 +
 +=== correlation_threshold ===
 +
 +<code>
 +# Time in seconds to re-evaluate correlation alerts pool
 +# (PANDORA FMS ENTERPRISE ONLY).
 +correlation_threshold 30
 +
 +</code>
 +
 +{{:wiki:icono-modulo-enterprise.png?23x23  |Enterprise 版}} ''[[:ja:documentation:02_installation:04_configuration#correlationserver|correlationserver]]'' でのイベントプールとログを評価する時間(秒単位)です。
 +
 +=== preload_windows ===
 +
 +<code>
 +# Pre-load windows on start with available information.
 +# (PANDORA FMS ENTERPRISE ONLY).
 +#preload_windows 0
 +
 +</code>
 +
 +{{:wiki:icono-modulo-enterprise.png?23x23  |Enterprise 版}} ''[[:ja:documentation:02_installation:04_configuration#correlationserver|correlationserver]]'' において、これを無効にすると、イベントプールが空になるため、発報されたアラートごとにアラートリカバリが開始されます。再起動のたびに処理が行われないように、デフォルトで有効にすることをお勧めします。 
  
 ==== 環境変数 ==== ==== 環境変数 ====
行 1205: 行 1347:
 サーバが受け取る最大ファイルサイズをバイトで指定します。デフォルトは、//2000000// です。 サーバが受け取る最大ファイルサイズをバイトで指定します。デフォルトは、//2000000// です。
  
 +//**以下も参照してください:** //
 +
 +  * [[:ja:quickguides:secure_communication_with_tentacle|Tentacle の暗号化設定]]
 +  * [[:ja:documentation:08_technical_reference:09_tentacle#compresion_de_datos_en_tentacle|Tentacle でのデータ圧縮]]
  
 ==== Pandora ウェブロボットデーモン (PWRD) ==== ==== Pandora ウェブロボットデーモン (PWRD) ====
行 1245: 行 1391:
 ===== ウェブコンソール ===== ===== ウェブコンソール =====
  
-Pandora FMS ウェブコンソールには、インストール時に生成される設定ファイルがあります。場所は、/consolepath/include/config.php です。 例えば、CentOS であれば次の通りです。+[[:ja:documentation:01_understanding:02_architecture#pandora_fms_ウェブコンソール|Pandora FMS ウェブコンソール]]には、インストール時に生成される設定ファイルがあります。場所は、/consolepath/include/config.php です。 
 +例えば、CentOS であれば次の通りです。
  
 <code> <code>
ºº