• Pandora FMS Enterprise SaaS

    日本のお客様向けには、Pandora FMS Enterprise を SaaS としても提供しています。パッケージには存在しない機能も備え、便利にご利用いただけます。

Pandora FMS Enterprise SaaS は、日本のお客様向けに、Pandora FMS Enterprise を SaaS として提供するものです。Pandora FMS Enterprise のパッケージをそのまま SaaS 化したものではなく、日本で使いやすいような日本語監視モジュールの提供や、障害の自動音声電話通知などの拡張機能を加えて提供しています。

※Pandora FMS Enterprise SaaS は、株式会社アールワークスより提供します。

日本語の監視テンプレートを用意

CPU使用率、メモリ使用量、ネットワークI/Fトラフィック等の基本的なリソース情報、プロセスやサービスの生存・応答監視はもちろん、DELLやHPのサーバハードウエア監視も、あらかじめ監視テンプレートを用意しています。これらのテンプレートを利用するだけで、さまざまな監視設定を行うことができます。また、テンプレートは日本語での用意です。

AWS、各種クラウド連携

AWS の CloudWatch と連携し、Pandora FMS 上にメトリック情報を統合する機能や、AWS の API と連携して、AWS のさまざまなインスタンスの情報を取得するための機能をあらかじめ組み込んでいます。
また、日本のパブリッククラウドである、GMOクラウドのALTUSやIDCFクラウドと連携をするための機能もあらかじめ用意されています。各種情報収集だけでなく、Pandora FMS の障害判定に基づき、クラウドを操作するような設定も可能です。

自動音声電話通知機能

障害時にあると便利なのが電話連絡。
監視システムからの自動音声通知機能を、標準搭載してご提供いたします。追加費用はかかりません。

SNS、チャットツール連携

メールや電話での障害通知だけでなく、Slack、ChatWork、LINE に対しても行うことができます。

システム全体の状態を見るサービス監視

サーバーやネットワーク群をサービスや役割に基づいてグループ化し、複数のグループから集めた障害情報をもとに、サービス全体としての状態を監視できます。
グループ単位の設定、障害状態に重みづけを定義することで、特定のサーバやプロセスの障害が発生した場合に、サービス全体では影響があるかどうかを監視します。

監視設備の導入・保守が不要

サーバー監視ツール「Pandora FMS Enterprise」を、お客様からのご要望により SaaS 化しました。
お客様社内に監視システムを構築・運用する必要はありませんし、監視サーバーやソフトウェアライセンスの購入も不要です。

安心の日本語サポート

日本語で丁寧・迅速にサポートいたします。

SaaS 料金

49,000円/月
10エージェント
96,000円/月
20エージェント
144,000円/月
30エージェント
個別見積
31エージェント以上

オンラインマニュアル

オンラインマニュアルもあります。 どのような監視や障害通知設定ができのか、詳細はオンラインマニュアルをご確認ください。

オンラインマニュアルの参照は、左のアイコンをクリックしてください。

 

SaaS サービス内容

提供内容

障害監視、障害通知が行えるPandora FMS Enterprise SaaSの提供

サポートポータルサイトの提供

バージョンアップやメンテナンス情報のお知らせ通知

動作不具合、ご質問事項の問合せ

オンラインマニュアル

詳細情報

アールワークスのサイトを参照ください。

注意事項

エージェントとは、Pandora FMS が認識する監視対象単位(サーバーやネットワーク機器台など)です。

自動電話通知件数は、10エージェントにつき月100件までとします。(それを超えた場合は、60円/件で精算)

専用線やIP-VPNなどでの接続や、別の監視システムからの設定移行のご要望は、ご相談ください。

アールワークスとは

アールワークスは、日本国内に初めて Pandora FMS を紹介した、Pandora FMS の公式開発パートナーです。3名のコミッタを擁し、日本のお客様の事情に合わせた機能拡張やサポートを行うと同時に、オープンソースのコミュニティにも積極的にコントリビュートしています。

その経験を活かし、日本向けに Pandora FMS Enterprise SaaS サービスを展開しています。