• 監視の統一

監視の統一

アプリケーションパフォーマンス管理(APM)、インフラ監視、BPM(ビジネスプロセス管理)、サービスレベル監視、イベント監視など、それぞれにおいて監視の仕組の定義があります。なぜでしょうか。オペレータは情報の特定の部分を見る必要がありますが、CIOは情報の違う部分を見るからです。我々は、異なるソースから情報を取得し、組織の異なる部門ごとにレポートを作成したりカスタム表示するために、それらをまとめることができます。

それぞれの技術や部門ごとに異なるソリューションを持つことは忘れましょう。Pandora FMS はそれ一つで全てができ、時間とお金を節約します。

インフラ監視

ルータ、スイッチ、サーバが、自動生成されるトポロジマップやユーザ定義表示に配置できます。一つの画面から、ノードやグループをもとにしたトポロジを参照できます。障害通知はメール、SMSその他手法により実施できます。何が発生しているかを見るために表示をカスタマイズし、Pandora FMS のリモートアクセスゲートウェイを通して問題解決できます。

サービスレベル監視

実際の多くの環境では何百もの監視ポイントがあります。 あなたの上司はおそらく技術的な詳細には興味はないでしょう。必要なのはすべてが管理できていてサービスが正しく動作していることを確認することです。サービスマップとカスタム表示がこの目的を満たします。リアルタイムデータを用いてダッシュボードをデザインすることができます。統合モジュールを使った追加情報、予測アルゴリズムによる標準偏差による予測などを追加できます。すべてを単純化し、必要なものだけを参照することにより、情報過多を避け生産性を向上させます。

アプリケーション監視

サービスの中には、データベース、メールサーバ、ビジネスアプリケーションがあり、それらのパフォーマンスを知る必要があります。それには、異なる要素に対してプロセスチェックだけでなくポートの接続など低レベルのアクセスをする必要があります。それには、ユーザが何をやっているかを正しく知る必要があります。Pandora FMS は、グラフ、レポート、アラートなどで手助けをしてくれます。

 jboss  oracle_tuxedo  sunone exchange  websphre
 iis  microsoft_cluster  mysql  oracle  sql_server
 mongodb informix ibm_db2  xen  vmware
 redhat  amazon  sap  citix  mcafee
上記ロゴはそれぞれの登録商標です。