Difference between revisions of "Pandora: Documentation ja: GeoServer Installation"

From Pandora FMS Wiki
Jump to: navigation, search
 
(レイヤの追加)
 
(3 intermediate revisions by the same user not shown)
Line 28: Line 28:
  
 
ここでは、後述のストアおよびレイヤを見つけるための名前の入力のみ必要です。URI フィールドは任意です。
 
ここでは、後述のストアおよびレイヤを見つけるための名前の入力のみ必要です。URI フィールドは任意です。
 +
 +
[[File:New-workspace-geoserver.png]]
  
 
=== ストアの追加 ===
 
=== ストアの追加 ===
  
 
最初に利用するファイルに依存するデータのタイプを選択する必要があります。タイプによってさらにオプションが現れます。基本的には、このストアに名前を割り当てる前もって作成したワークスペースを選択し、ファイルパスを追加します。
 
最初に利用するファイルに依存するデータのタイプを選択する必要があります。タイプによってさらにオプションが現れます。基本的には、このストアに名前を割り当てる前もって作成したワークスペースを選択し、ファイルパスを追加します。
 +
 +
[[File:New-Datasource-Geoserver.png]]
  
 
=== レイヤの追加 ===
 
=== レイヤの追加 ===
Line 37: Line 41:
 
ストアを作成したら、サービスを通してファイルを公開するために、レイヤを公開する必要があります。作成したストアを選択した後、レイヤの情報を入力するフォームにアクセスします。最初にレイヤの名前を入力します。次に、座標参照系を入力します。座標系は公開するファイルによって異なります。最後に、レイヤフレームを追加する必要があります。フレームの値は、利用するファイルもしくは選択した座標参照系から展開できます。
 
ストアを作成したら、サービスを通してファイルを公開するために、レイヤを公開する必要があります。作成したストアを選択した後、レイヤの情報を入力するフォームにアクセスします。最初にレイヤの名前を入力します。次に、座標参照系を入力します。座標系は公開するファイルによって異なります。最後に、レイヤフレームを追加する必要があります。フレームの値は、利用するファイルもしくは選択した座標参照系から展開できます。
  
レイヤを正しく追加できたら、Pandora FMS GIS マップで、[[Pandora:Documentation_ja:GIS#WMS_.E3.82.B5.E3.83.BC.E3.83.90|接続の作成 (WMSサーバ)]] を実行できます。新規マップファイルを追加するには、データストアのステップとレイヤの追加を繰り返します。
+
[[File:Coordinates-geoserver.png]]
 +
 
 +
レイヤを正しく追加できたら、Pandora FMS GIS マップで、[[Pandora:Documentation_ja:GIS#WMS_.E3.82.B5.E3.83.BC.E3.83.90|接続の作成 (WMSサーバ)]] を実行できます。最後に、新しく追加されたレイヤーの識別子を使用します。
 +
 
 +
[[File:New-Layer-Geoserver.png]]
 +
 
 +
新たなマップファイルを追加するには、データストアから同じステップを繰り返し新たなレイヤを追加します。
  
 
[[Category:Pandora FMS]]
 
[[Category:Pandora FMS]]
 
[[Category:Japanese]]
 
[[Category:Japanese]]

Latest revision as of 17:40, 11 October 2019

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る

GIS WMSサーバに戻る

1 Pandora FMS で利用するための Geoserver インストール

このドキュメントは、GeoServer バージョン 2.13.0 を前提としています。

Template warning.png

このガイドは最低限のテスト環境を構築する範囲のものです。本番環境用の設定には、GeoServer ドキュメント を参照してください。

 


1.1 開始

Info.png

GetServer は、Java で書かれたアプリケーションであり、実行には JRE v8 が必要です。また、Tomcat のような Java application サーバを使って起動されます。

 


GeoServer のルートディレクトリで、./bin/startup.sh を実行します。

サーバ起動後、http://localhost:8080/geoserver から、ユーザ admin、パスワード geoserver でウェブコンソールへアクセスできます。

1.2 独自マップの追加

最初の画面で、独自マップを追加するために必要な 3つのオプションがあります。

  • Adding workspaces (ワークスペースの追加)
  • Adding stores (ストアの追加)
  • Adding layers (レイヤの追加)

1.2.1 ワークスペースの追加

ここでは、後述のストアおよびレイヤを見つけるための名前の入力のみ必要です。URI フィールドは任意です。

New-workspace-geoserver.png

1.2.2 ストアの追加

最初に利用するファイルに依存するデータのタイプを選択する必要があります。タイプによってさらにオプションが現れます。基本的には、このストアに名前を割り当てる前もって作成したワークスペースを選択し、ファイルパスを追加します。

New-Datasource-Geoserver.png

1.2.3 レイヤの追加

ストアを作成したら、サービスを通してファイルを公開するために、レイヤを公開する必要があります。作成したストアを選択した後、レイヤの情報を入力するフォームにアクセスします。最初にレイヤの名前を入力します。次に、座標参照系を入力します。座標系は公開するファイルによって異なります。最後に、レイヤフレームを追加する必要があります。フレームの値は、利用するファイルもしくは選択した座標参照系から展開できます。

Coordinates-geoserver.png

レイヤを正しく追加できたら、Pandora FMS GIS マップで、接続の作成 (WMSサーバ) を実行できます。最後に、新しく追加されたレイヤーの識別子を使用します。

New-Layer-Geoserver.png

新たなマップファイルを追加するには、データストアから同じステップを繰り返し新たなレイヤを追加します。