Difference between revisions of "Pandora: Documentation ja: Energy Efficiency"

From Pandora FMS Wiki
Jump to: navigation, search
(IPMI プラグインの登録)
(自動検出スクリプトの登録)
Line 67: Line 67:
 
==== 自動検出スクリプトの登録 ====
 
==== 自動検出スクリプトの登録 ====
  
設定を完了させるために 2つ目に行うのは、自動検出スクリプトの登録です。登録方法の詳細については、[http://www.openideas.info/wiki/index.php?title=Pandora_3.0:Documentation_ja:Recon_Server 自動検出サーバ] を参照してください。
+
設定を完了させるために 2つ目に行うのは、自動検出スクリプトの登録です。登録方法の詳細については、[https://pandorafms.com/docs/index.php?title=Pandora:Documentation_ja:Discovery#.E3.83.8D.E3.83.83.E3.83.88.E3.82.B9.E3.82.AD.E3.83.A3.E3.83.B3.E3.82.B9.E3.82.AF.E3.83.AA.E3.83.97.E3.83.88 ネットスキャンスクリプト] を参照してください。
  
<br>
 
<br>
 
 
<center>
 
<center>
 
[[File:ipmi_recon_registration.png]]
 
[[File:ipmi_recon_registration.png]]
 
</center>
 
</center>
<br>
 
<br>
 
 
* '''名前(Name)''': IPMI Discovery
 
* '''スクリプトのフルパス(Script fullpath)''': /home/admin/ipmi-recon.pl (ipmi-recon.pl ファイルのフルパス)
 
  
 
=== IPMI プラグインでのモニタリング ===
 
=== IPMI プラグインでのモニタリング ===

Revision as of 00:19, 24 November 2019

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る

1 Pandora FMS とエネルギー効率

持続性とエネルギー効率を管理することは節約を行うことになります。異なるベンダのソフトウエアやハードウエアでは、エネルギーを節約するための異なる手法やツールがあります。Pandora FMS はそれらすべてを一つに統合することができます。また、この章では、IPMI のサポートについて説明します。



Esquema dcm.png



1.1 Pandora FMS 用 IPMI プラグイン

IPMI (Intelligent Platform Management Interface) は、インテルによって作られた IT システムを管理・モニタリングするためのインタフェースです。例えば、IPMI を通して、温度センサー、電圧、ファンの速度などをリモートからチェックできます。

1.1.1 IPMI プラグインの動作

IPMI を通してのモニタリングは、デバイスからデータを収集するプラグインと、IPMI に対応したネットワーク上のデバイスを自動的に検出する自動検出処理の 2つのコンポーネントから成ります。

1.1.2 プラグインのインストールと自動検出タスク

1.1.2.1 事前に用意するもの

プラグインと自動検出処理共に、FreeIPMI の 0.7.16 以降のバージョンが必要です。

RHEL/CentOS では、インストールには以下のコマンドを利用できます。

yum install freeipmi

Debian の場合、次のコマンドでインストールできます。

#apt-get install freeipmi-tools

1.1.2.2 IPMI プラグインの登録

まず最初にプラグインを登録します。方法が良く分からない場合は、プラグインを使ったモニタリング を確認してください。

プラグイン登録のパラメータは次の通りです。



Ipmi plugin registration.png



それぞれのフィールドに入力する値は次の通りです。

  • 名前(Name): IPMI Plugin
  • プラグインタイプ(Plug-in type): 標準(Standard)
  • 最大タイムアウト(Max. timeout): 300
  • 説明(Description): This plugin gets information from IPMI devices.
  • プラグインコマンド(Plug-in Command): /home/admin/ipmi-plugin.pl (ipmi-plugin.pl ファイルがある場所のパス)
  • プラグインパラメータ(Plug-in parameters): -h _field1_ -u _field2_ -p _field3_ -s _field4_ -- _field5_

カスタムフィールドは以下の通りです。 - Field 1: 対象IP - Field 2: ユーザ - Field 3: パスワード - Field 4: センサー - Field 5: 追加オプション

Template warning.png

自動検出処理が依存しているため、プラグインの名前は "IPMI Plugin" である必要があります。

 


1.1.2.3 自動検出スクリプトの登録

設定を完了させるために 2つ目に行うのは、自動検出スクリプトの登録です。登録方法の詳細については、ネットスキャンスクリプト を参照してください。

Ipmi recon registration.png

1.1.3 IPMI プラグインでのモニタリング

モニタリングを開始するためには、すべての IPMI デバイスを検出するための自動検出タスクを作成する必要があります。このタスクは、検出したデバイスごとに一つのエージェントを作成し、それぞれのデバイスに存在するチェック項目をモジュールとして作成します。

以下の画面は、192.168.70.0/24 ネットワークで、admin/admin の権限で IPMI デバイスを検索する例です。



Ipmi recon example.png



この設定で、自動検出タスクは、ネットワーク検出を行い、それぞれのデバイスのエージェントおよびモジュール登録を行います。

結果を以下に示します。検索したネットワーク上のエージェントにいくつかのモジュールが作成されています。



Ipmi monitors.png



1.1.4 OEM の値の監視

IPMI コマンドによって返される値は、それぞれのベンダに依存します。そのため、デフォルトでは自動検出タスクは監視したいモジュールを見つけることができません。

デフォルトのモジュールのほかに、それぞれのベンダがハードウエアから OEM コマンドで情報を取得できるようにしているものがあります。対応しているデバイスと、それぞれに存在するコマンドは、http://www.gnu.org/s/freeipmi/manpages/man8/ipmi-oem.8.html で確認することができます。

これらのコマンドで、必要なコマンドを実行する一つのプラグインモジュールを作成することができます。その方法は、プラグインを使ったモニタリング を参照してください。