Difference between revisions of "Pandora: Documentation ja: Anexo Upgrade"

From Pandora FMS Wiki
Jump to: navigation, search
(以前のバージョンからのアップグレード)
Line 1: Line 1:
 
[[Pandora:Documentation_ja|Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る]]
 
[[Pandora:Documentation_ja|Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る]]
 +
 +
= 手動アップデート =
 +
 +
Pandora FMS は、基本的にコンソール、サーバ、データベースの 3つの要素から成ります。オープンソースでは、これらの 3つのコンポーネントは素早く更新できますが、Enterprise 版では別途アップデートが必要な追加機能が含まれています。
 +
 +
内訳
 +
 +
オープンソース版:
 +
* ウェブコンソール
 +
* サーバ
 +
* データベース
 +
 +
Enterprise版:
 +
* オープンソースのウェブコンソール
 +
* Enterpriseウェブコンソール(コンソールの機能を拡張します)
 +
* オープンソースのサーバ
 +
* Enterpriseサーバ(サーバ機能を拡張します)
 +
* データベース(Enterprise版の追加のグラフなど)
 +
 +
更新には、'''常に'''コンソールの変更、'''時々'''サーバの変更、'''まれに'''データベースの変更を含みます。アップデートは 2つのカテゴリに分けており、データベースの変更を伴わないマイナーリリースと、データベースの変更を伴うメジャーリリースがあります。
 +
 +
== マイナーバージョンアップ ==
 +
 +
これにはデータベースの変更は含まれません。コンソールおよび時々サーバのみです。例えば、6.0SP1 から SP2 などです。
 +
 +
準備:
 +
 +
1. データベースをバックアップします。例: mysqldump -u root -p pandora > backup_pandora_X.Y.sql
 +
 +
2. 次の設定ファイルをバックアップします: pandora_server.conf, config.php, pandora_agent.conf
 +
 +
3. サーバおよびエージェントプラグインを次のようにバックアップします。
 +
 +
/etc/pandora/plugins
 +
pandora_console/attachment/plugin
 +
/usr/share/pandora_server/util/plugin
 +
 +
4. 次のサービスを停止します: pandora_server, tentacle_serverd, httpd, pandora_agent および mysqld
 +
 +
5. アップデートします。
 +
 +
=== RPM パッケージにて ===
 +
 +
* オープンソースのコンソールアップデート:
 +
 +
rpm -U pandorafms_console_package.rpm
 +
 +
* Enterprise コンソールアップデート:
 +
 +
rpm -U pandorafms_console_enterprise_package.rpm
 +
 +
* オープンソースサーバアップデート:
 +
 +
rpm -U pandorafms_server_package.rpm
 +
 +
* Enterprise サーバアップデート:
 +
 +
rpm -U pandorafms_server_enterprise_package.rpm
 +
 +
インストール前後で、どのバージョンで動いているか、以下のコマンドで確認できます。
 +
 +
rpm -qa | grep -i pandora
 +
 +
=== DEB パッケージにて ===
 +
 +
* オープンソースコンソールアップデート:
 +
 +
dpkg -i pandorafms_console_package.deb
 +
 +
* Enterprise コンソールアップデート:
 +
 +
dpkg -i pandorafms_console_enterprise_package.deb
 +
 +
* オープンソースサーバアップデート:
 +
 +
dpkg -i pandorafms_server_package.deb
 +
 +
* Enterprise サーバアップデート:
 +
 +
tar zxvf pandorafms_server_enterprise_package.tar.gz
 +
cd pandora_server/
 +
./pandora_server_installer --install
 +
 +
依存関係の問題がある場合は、以下のコマンドで解決できます。
 +
 +
apt-get install -f
 +
 +
=== tar ボール、ソースにて ===
 +
 +
* オープンソースコンソールアップデート:
 +
 +
tar xvzf pandorafms_console_package.tar.gz
 +
cd pandora_console
 +
./pandora_console_upgrade -p /yourconsolepath
 +
 +
* Enterprise コンソールアップデート:
 +
 +
tar xvzf pandorafms_console_enterprise_package.tar.gz
 +
cd pandora_console
 +
./pandora_console_upgrade -p /yourconsolepath
 +
 +
* オープンソースサーバアップデート:
 +
 +
tar xvzf pandorafms_server_package.tar.gz
 +
cd pandora_server
 +
./pandora_server_upgrade --upgrade
 +
 +
* Enterprise サーバアップデート:
 +
 +
tar xvzf pandorafms_server_enterprise_package.tar.gz
 +
cd pandora_server
 +
./pandora_server_upgrade --upgrade
 +
 +
* エージェントアップデート:
 +
 +
tar xvzf pandorafms_agent_package.tar.gz
 +
cd pandora_agent
 +
./pandora_agent_installer --force-install
 +
 +
=== バージョン 7.0NG ( ローリングリリース ) ===
 +
 +
Pandora FMS バージョン 7.0NG のコンソールを(rpm や tarボール、deb を用いて)手動でアップデートする場合、特定のバージョンから別のバージョンへマイグレーションするスクリプトを手動で適用する必要がある場合があります。これを避けるために、コンソールはアップデートマネージャ経由でアップデートすることをお勧めします。
 +
 +
データベースが更新されていないと、admin ユーザの警告タブに以下の警告が表示される場合があります。
 +
 +
<center>
 +
[[image:mr_message.png|center]]
 +
</center>
 +
 +
この問題を解決するためには、Pandora FMS コンソールがインストールされているサーバへログインし、シェルで /var/www/html/pandora_console/extras/mr ディレクトリへ行きます。'updated' という名前のディレクトリが存在します。このディレクトリには、適用済の SQL が保存されています。例として MR1 の実行を見てみましょう。
 +
この例では、データベースに MR は適用されていません。Pandora FMS コンソールのfったーに MR0 が表示されています。バージョン 704 が手動でインストールされ、MR1 の SQL を手動で適用する必要があります。SQL は、/var/www/html/pandora_console/extras/mr/ に 1.sql という名前であります。以下のように実行します。
 +
 +
[[email protected] mr]# cat 1.sql | mysql -u root -p pandora
 +
 +
MySQL のユーザは root で、データベースは pandora です。
 +
 +
適用すると、コンソールから警告メッセージは消え、フッターに MR1 が表示されます。次に、SQL を 'updated' へ移動します。
 +
 +
== メジャーバージョンアップ ==
 +
 +
メジャーバージョンアップには常にデータベースの変更が含まれます。そのため、'''データベーススキーマのアップデートが必要です。''' 例えば、バージョン 6.0 から 7.0 などです。
 +
 +
=== データベースのアップデート ("メジャーリリース")  ===
 +
 +
データベースをアップデートするには、最初にバージョンに応じたオープンソースおよび Enterprise コンソールをアップデートする必要があります。これらのアップデートによって必要な SQL ファイルをダウンロードできます。
 +
 +
コンソールをアップデートしたら、SQL のデータベースアップデートスクリプトがコンソールの /extras や /enterprise に見つかります(バージョンに依存します)。CentOS の場合であれば、以下にあります。
 +
 +
/var/www/html/pandora_console/extras/pandoradb_migrate_X.Y_to_Z.T.mysql.sql
 +
/var/www/html/pandora_console/enterprise/pandoradb_migrate_vX.Y_to_vZ.T.mysql.sql
 +
 +
アップデートの前に最初に説明した、データベース、設定ファイルのバックアップ、Pandora FMS サーバの停止といった準備を行います。
 +
 +
service pandora_server stop
 +
 +
* オープンソースデータベースのアップデート:
 +
 +
mysql -u ユーザ名 -p -D データベース名
 +
 +
例:
 +
 +
mysql -u pandora -p -D pandora
 +
 +
MySQL コマンドラインで以下を実行します。
 +
 +
source /yourconsolepath/extras/pandoradb_migrate_X.Y_to_Z.T.mysql.sql;
 +
 +
* Enterprise データベースのアップデート:
 +
 +
mysql -u ユーザ名 -p -D データベース名
 +
 +
例:
 +
 +
mysql -u pandora -p -D pandora
 +
 +
MySQL コマンドラインで以下を実行します。
 +
 +
source /yourconsolepath/enterprise/pandoradb_migrate_vX.Y_to_vZ.T.mysql.sql;
 +
 +
MySQL から抜けるには "quit" を実行します。以上でデータベースがバージョンに合わせてアップデートされました。
 +
 +
以前のバージョンに戻す必要がある場合は、以下のようにバックアップからリストアします。
 +
 +
mysql -u ユーザ名 -p データベース名
 +
> drop database データベース名;
 +
> create database 新たなデータベース名;
 +
> use 新たなデータベース名;
 +
> source backup_pandora_X.Y.sql
 +
 +
例:
 +
 +
mysql -u root -p pandora
 +
> drop database pandora;
 +
> create database pandora;
 +
> use pandora;
  
 
= 他のシステムへのマイグレーション =
 
= 他のシステムへのマイグレーション =

Revision as of 07:41, 13 June 2017

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る

1 手動アップデート

Pandora FMS は、基本的にコンソール、サーバ、データベースの 3つの要素から成ります。オープンソースでは、これらの 3つのコンポーネントは素早く更新できますが、Enterprise 版では別途アップデートが必要な追加機能が含まれています。

内訳

オープンソース版:

  • ウェブコンソール
  • サーバ
  • データベース

Enterprise版:

  • オープンソースのウェブコンソール
  • Enterpriseウェブコンソール(コンソールの機能を拡張します)
  • オープンソースのサーバ
  • Enterpriseサーバ(サーバ機能を拡張します)
  • データベース(Enterprise版の追加のグラフなど)

更新には、常にコンソールの変更、時々サーバの変更、まれにデータベースの変更を含みます。アップデートは 2つのカテゴリに分けており、データベースの変更を伴わないマイナーリリースと、データベースの変更を伴うメジャーリリースがあります。

1.1 マイナーバージョンアップ

これにはデータベースの変更は含まれません。コンソールおよび時々サーバのみです。例えば、6.0SP1 から SP2 などです。

準備:

1. データベースをバックアップします。例: mysqldump -u root -p pandora > backup_pandora_X.Y.sql

2. 次の設定ファイルをバックアップします: pandora_server.conf, config.php, pandora_agent.conf

3. サーバおよびエージェントプラグインを次のようにバックアップします。

/etc/pandora/plugins
pandora_console/attachment/plugin
/usr/share/pandora_server/util/plugin

4. 次のサービスを停止します: pandora_server, tentacle_serverd, httpd, pandora_agent および mysqld

5. アップデートします。

1.1.1 RPM パッケージにて

  • オープンソースのコンソールアップデート:
rpm -U pandorafms_console_package.rpm
  • Enterprise コンソールアップデート:
rpm -U pandorafms_console_enterprise_package.rpm
  • オープンソースサーバアップデート:
rpm -U pandorafms_server_package.rpm
  • Enterprise サーバアップデート:
rpm -U pandorafms_server_enterprise_package.rpm

インストール前後で、どのバージョンで動いているか、以下のコマンドで確認できます。

rpm -qa | grep -i pandora

1.1.2 DEB パッケージにて

  • オープンソースコンソールアップデート:
dpkg -i pandorafms_console_package.deb
  • Enterprise コンソールアップデート:
dpkg -i pandorafms_console_enterprise_package.deb
  • オープンソースサーバアップデート:
dpkg -i pandorafms_server_package.deb
  • Enterprise サーバアップデート:
tar zxvf pandorafms_server_enterprise_package.tar.gz
cd pandora_server/
./pandora_server_installer --install

依存関係の問題がある場合は、以下のコマンドで解決できます。

apt-get install -f

1.1.3 tar ボール、ソースにて

  • オープンソースコンソールアップデート:
tar xvzf pandorafms_console_package.tar.gz
cd pandora_console
./pandora_console_upgrade -p /yourconsolepath
  • Enterprise コンソールアップデート:
tar xvzf pandorafms_console_enterprise_package.tar.gz
cd pandora_console
./pandora_console_upgrade -p /yourconsolepath
  • オープンソースサーバアップデート:
tar xvzf pandorafms_server_package.tar.gz 
cd pandora_server
./pandora_server_upgrade --upgrade
  • Enterprise サーバアップデート:
tar xvzf pandorafms_server_enterprise_package.tar.gz 
cd pandora_server
./pandora_server_upgrade --upgrade
  • エージェントアップデート:
tar xvzf pandorafms_agent_package.tar.gz
cd pandora_agent
./pandora_agent_installer --force-install

1.1.4 バージョン 7.0NG ( ローリングリリース )

Pandora FMS バージョン 7.0NG のコンソールを(rpm や tarボール、deb を用いて)手動でアップデートする場合、特定のバージョンから別のバージョンへマイグレーションするスクリプトを手動で適用する必要がある場合があります。これを避けるために、コンソールはアップデートマネージャ経由でアップデートすることをお勧めします。

データベースが更新されていないと、admin ユーザの警告タブに以下の警告が表示される場合があります。

Mr message.png

この問題を解決するためには、Pandora FMS コンソールがインストールされているサーバへログインし、シェルで /var/www/html/pandora_console/extras/mr ディレクトリへ行きます。'updated' という名前のディレクトリが存在します。このディレクトリには、適用済の SQL が保存されています。例として MR1 の実行を見てみましょう。 この例では、データベースに MR は適用されていません。Pandora FMS コンソールのfったーに MR0 が表示されています。バージョン 704 が手動でインストールされ、MR1 の SQL を手動で適用する必要があります。SQL は、/var/www/html/pandora_console/extras/mr/ に 1.sql という名前であります。以下のように実行します。

[[email protected] mr]# cat 1.sql | mysql -u root -p pandora

MySQL のユーザは root で、データベースは pandora です。

適用すると、コンソールから警告メッセージは消え、フッターに MR1 が表示されます。次に、SQL を 'updated' へ移動します。

1.2 メジャーバージョンアップ

メジャーバージョンアップには常にデータベースの変更が含まれます。そのため、データベーススキーマのアップデートが必要です。 例えば、バージョン 6.0 から 7.0 などです。

1.2.1 データベースのアップデート ("メジャーリリース")

データベースをアップデートするには、最初にバージョンに応じたオープンソースおよび Enterprise コンソールをアップデートする必要があります。これらのアップデートによって必要な SQL ファイルをダウンロードできます。

コンソールをアップデートしたら、SQL のデータベースアップデートスクリプトがコンソールの /extras や /enterprise に見つかります(バージョンに依存します)。CentOS の場合であれば、以下にあります。

/var/www/html/pandora_console/extras/pandoradb_migrate_X.Y_to_Z.T.mysql.sql
/var/www/html/pandora_console/enterprise/pandoradb_migrate_vX.Y_to_vZ.T.mysql.sql

アップデートの前に最初に説明した、データベース、設定ファイルのバックアップ、Pandora FMS サーバの停止といった準備を行います。

service pandora_server stop
  • オープンソースデータベースのアップデート:
mysql -u ユーザ名 -p -D データベース名

例:

mysql -u pandora -p -D pandora 

MySQL コマンドラインで以下を実行します。

source /yourconsolepath/extras/pandoradb_migrate_X.Y_to_Z.T.mysql.sql;
  • Enterprise データベースのアップデート:
mysql -u ユーザ名 -p -D データベース名

例:

mysql -u pandora -p -D pandora 

MySQL コマンドラインで以下を実行します。

source /yourconsolepath/enterprise/pandoradb_migrate_vX.Y_to_vZ.T.mysql.sql;

MySQL から抜けるには "quit" を実行します。以上でデータベースがバージョンに合わせてアップデートされました。

以前のバージョンに戻す必要がある場合は、以下のようにバックアップからリストアします。

mysql -u ユーザ名 -p データベース名
> drop database データベース名;
> create database 新たなデータベース名;
> use 新たなデータベース名;
> source backup_pandora_X.Y.sql

例:

mysql -u root -p pandora
> drop database pandora;
> create database pandora;
> use pandora;

2 他のシステムへのマイグレーション

SUSE 11 から SUSE 12 であったり、Ubuntu から CentOS へのマイグレーションなど、時には、Pandora の新バージョンを他のシステム/ディストリビューションで利用したい場合があるかもしれません。

これを実行するには、Pandora FMS を新規インストールするか、ISO アプライアンスをダウンロードしてインストールする必要があります。

- 新たなシステムで新規の Pandora FMS が動作するようになったら、以前のシステムのデータベースバックアップを行います:

mysqldump -u root -p pandora > backup_pandora_X.Y.sql

- バックアップファイル backup_pandora_X.Y.sql を新たなシステムへ転送し、

- mysql 以外の全プロセスを停止します。

/etc/init.d/pandora_server stop 
/etc/init.d/pandora_agent_daemon stop 
/etc/init.d/tentacle_serverd stop 
/etc/init.d/apache2 stop  o /etc/init.d/httpd stop (parar servidor apache, variará dependiendo de la distribución que usemos)

- 新システムの mysql へ root ユーザでコマンドラインに入ります。pandora データベース(デフォルトの場合の名前は pandora です)へアクセスし、インポート操作を実行します。

#mysql -u root -p
mysql>use pandora
Database changed
mysql>source /home/artica/backup_pandora_X.Y.sql ( put the full path to the backup file you created a few steps back )

- 新しいバージョンへのマイグレーションでは、データベースのマイグレーションスクリプトを実行する必要があります。

- OS のディストリビューションを変更する場合には、システム内のコンソールのパスおよび、pandora データベース内のいくつかのフィールドを変更する必要がある可能性があることに注意してください。次のクエリを実行する必要があります。

#mysql -u root -p
mysql>use pandora
Database changed
mysql>UPDATE tconfig SET value = '/var/www/html/pandora_console/attachment' WHERE token LIKE 'attachment_store'
mysql>UPDATE tconfig SET value = '/var/www/html/pandora_console/include/fonts/smallfont.ttf' WHERE token LIKE 'fontpath'

ここで、'/var/www/html/pandora_console/attachment' は、システム内の実際のコンソールのパスです。

このパスの設定は、サーバおよびコンソール設定ファイルでも修正する必要があります。

- データベースをインポートしたら、設定ファイル <コンソールパス>/pandora_console/include/config.php および /etc/pandora/pandora_server.conf の dbname, dbuser, dbpass フィールドを確認する必要があります。同じ値になっていない場合は、次のようにします。

1.- 古い設定ファイルを新しいものに置き換えます。

2.- 設定ファイル内に記載されているデータベースへのアクセス設定を更新します。新たな設定ファイルに dbname=pandora, dbuser=pandora1, dbpass=pandora2 という設定があるとすると、次のような対応を実施します。

#mysql -u root -p
mysql>grant all privileges on pandora.* to 'pandora1'@'localhost' identified by 'pandora2';
mysql>flush privileges;

その後、すべてのデーモンを再開し、すべての設定が完了した Pandora コンソールにアクセスします。IP アドレスを変更している場合は、全エージェントの設定ファイルにて target_ip 設定を変更する必要があります。

この手順は、Enterprise 版であっても同様です。

3 セキュリティアップグレード / パッチ

セキュリティアップグレードやセキュリティパッチは、通常はコンソールに適用する小さなパッチですが、サーバのセキュリティパッチもあります。共に、マイナーアップグレードの手順で適用する必要があります。

4 アップデートマネージャを使ったコンソールのアップデート

4.1 オープンソース版の更新

Pandora FMS 4.0.2 から、オープンソース版でも週単位の半自動更新ができます。この機能は、以前はエンタープライズ版のみにあったアップデートマネージャシステムの改善によります。新たなアップデートがあるかどうかをオンラインで確認することができ、リクエストごとにコンソールを自動的にダウンロードして更新することができます。

この機能は次のような仕組みです。

  • Pandora FMS コンソールがインストールされているサーバはインターネットに接続されていなければなりません。
  • アップデートマネージャは、我々のサーバ(Sourceforge)に接続します。Pandora FMS の利用状況(エージェント数)を発信者を特定しない状態で送信します。
  • 更新ファイルが Sourceforge から週単位で更新フォルダにダウンロードされます。
  • 更新はインクリメンタルですが、コンソール全体のファイルを含みます。そのため、処理には時間がかかります。(パッケージは約 25MB あります)
  • 更新は自動です。開発チームによるレビューはされていません。99%は問題無いと思いますが、何も問題が無いことを保証するわけではありません。
  • 更新は、コンソールのみです。エージェントおよびサーバの更新はありません。

4.1.1 コンソールの更新手順

とても簡単です。拡張(Extensions) -> アップデートマネージャ(Update Manager) へ行きます。インストール可能な更新があるかチェックします。またこれまでにインストールした更新が表示されます(以下の例ではこれまでの更新はありません)。インストール(install)をクリックします。



Update manager open.png

インストールボタンをクリックします。

Info.png

アップデートマネージャを利用するには、Pandora コンソールがインストールされているホストがインターネットに接続されている必要があります。デフォルトでは Pandora はパッケージのダウンロードに wget(高速です) を利用します。curl を利用することもできます (Pandora の設定で変更できます) が遅いです。

 




Update manager open2.png

パッケージがダウンロードされインストールされると、次のようにメインページに戻ります。更新がインストールされ、それ以上更新が無いことが表示されます。おめでとうございます、これで新しいバージョンへの更新が完了です!



Update manager open3.png

</center>

4.2 エンタープライズ版の更新

オープンソース版の更新とは異なり、エンタープライズ版の更新では追加の特徴があります。

  • 開発チームによって 100% テストされています。そのため、公開されたと同時に(もしくは数時間以内に)更新することができます。
  • 大きなパッケージをダウンロードする必要はなく、更新されたもののみを適用することができます。
  • オフラインの更新ができます。サポートページからダウンロードして、(セキュリティの理由等で)インターネットに接続されていない Pandora FMS に適用できます。

エンタープライズ版のアップデートマネージャを利用するには、最初にシリアル番号の設定と keygen のインストールが必要です。設定画面を以下に示します。



Update manager4.png



操作(Operation)>拡張(Extensions)>アップデートマネージャ(Open Update Manager) から、アップデートマネージャへアクセスできます。エンタープライズ版がインストールされていれば、次のような画面が表示されます。



Update manager5.png



このページでは、現在の Pandora FMS のバージョン番号が表示されます。また、新たな更新があるか表示します。

新たなバージョンに更新するには、"更新(Update)" ボタンをクリックします。

"ローカルの変更を上書きする(Overwrite local changes)" をチェックすると、ローカルで編集したファイルがあれば、それを上書きします。

4.2.1 "オフライン" 更新

Pandora の "オフライン" 更新ファイルをダウンロードすることができます。.OUM という拡張子のパッケージです。それには、Pandora FMS の公式サポートページへ行き、.OUM ファイルをダウンロードしてください。日本におけるエンタープライズ版更新ファイルダウンロードは、(株)アールワークス が提供しています。

次の画面からそれをアップロードします。



Update manager6.png



更新は自動で適用されます。

4.3 アップデートマネージャのための PHP の追加設定

オープンアップデートマネージャを正しく動作させるためには、デフォルトの割り当てよりも多くのメモリが必要です。PHP に多くのメモリを割り当てるために、php.ini を編集し、少なくとも 256M のメモリを確保してください。

設定は次の通りです。

memory_limit = 256M	; Maximum amount of memory a script may consume (256MB)

Debian/Ubuntu のシステムであれば、ファイルは /etc/php5/apache2 以下にあります。

5 Windows でのサーバとコンソールのインストーラを使ったアップグレード

バージョン 6.0 から、Windows のインストーラには、以前のバージョンからアップグレードするオプションがあります。

Pandora FMS をクリーンインストールした時同様に、インストーラプログラム(.exe)を実行し、言語を選択します。



Pandora agent 3.0 RC3 install windows 01 eng.png



インストーラのステップに従います。



Pandora server install windows 01.png



ライセンス条項に同意してください。



Pandora server install windows 02.png



'Update installed version' オプション のみ を選択します。



Pandora server install windows 03 eng.png



希望のインストールパスを選択して続けます。インストーラは、Pandora FMS サーバ名または IP アドレスを訪ねてきます。



Pandora server install windows 05 eng.png



アップデートが実行されます。モジュールが正しく動作するためには、Microsoft Visual C++ が必要なことを忘れないようにしてください。



Pandora server install windows 06 2 eng.png



ファイルがコピーされ設定が完了するのを待ってください。アップデート処理は短い時間で完了します。



Pandora server install windows 08 eng.png



Pandora FMS がアップデートされ、使える状態になります。

Info.png

Pandora は最新バージョンにアップデートされます。デフォルトのウェブサーバは、Apache から Nginx に変更されます。ウェブサーバを Apache のままにしたい場合は、コンソールを OUM ファイルでアップデートするか、オンラインのアップデートマネージャを使ってください。