Community Comunidad Features Funcionalidades Release

Pandora FMS 7.0 NG 735 リリース

6月 1, 2019

Pandora FMS 7.0 NG 735 リリース

This post is also available in : 英語 スペイン語

この新たな Pandora FMS アップデートでは、ビジュアルコンソール、SLAレポート、WUX、月次 cron ジョブその他の改善が行われています。Pandora FMS は、ユーザコンソールをよりシンプルに、ユーザフレンドリーになるように日々改善しています。

新機能と改善点

ビジュアルコンソールの機能強化: キャッシュシステム

ビジュアルコンソールの要素の更新処理が改善され、重いデータをロードする際に新たにキャッシュが組み込まれました。これにより、要素が更新されたときにサーバのデータベースからデータを再度読み込む必要がなくなっています。この処理は、特に非常に重いコンソールを使用するマルチユーザ環境で、コンソールの描画を大幅に改善しました。

アラートテンプレートにおける新たな状態: 非正常(Not Normal)

新しいテンプレートがアラートに追加され、”異常な” データが発生した場合に有効になるオプションを設定できます。これは、モジュールが正常以外の状態(障害、警告、不明)の場合に、アラートを発報します。

WUX (Web ユーザエクスペリエンス): 連続抑制

Webチェックと同様に、このリリースでは、WUX 監視でトランザクションが失敗した場合に、再実行する回数を設定することができるようになりました。これにより誤検知が改善します。

さまざまな種類のモジュールでは、短い間隔でのWebサイトの監視を確実にするために連続抑制パラメータを設定することができます。今回の更新では、そのオプションを Web 分析モジュールにも設定できるようになりました。

SLA レポートの改善: 開始および終了日

SLA 要素の日付選択では、たとえば、当月の15日から翌月の15日までのSLAレポートといったように、開始日と終了日を設定できるようなセレクタが導入されました。

その他改善点

新たなヘルプシステム

Pandora FMS コンソールのヘルプシステムを、静的な内容を Pandora FMS Wiki の公式オンラインドキュメントに置き換えて、より多くの情報を提供するよう改善しました。

月次 cron ジョブの改善

今回の更新では、月次の cron ジョブのシステムを改善しています。この改善により、ツールは各月の日数を考慮に入れるため、月の日数が多い場合や少ない場合は必要に応じて実行が停止されます。たとえば、ある月の日数が31日だった場合、実行は翌月の1日ではなく最終日に開始されます。

コンソールインタフェースの機能拡張 (第3段)

Pandora FMS インタフェースの見た目の改善を進めています。今回は、イベント詳細表示、アップデートマネージャ、モジュールグラフの表示ウインドウの改善をしています。エージェント表示と管理画面にも重要な変更が加えられましたが、以降の更新でさらに改善される予定です。

Agent view

Agent edition

Update manager

Events detail

New pop up menu

問題改善

自動更新オプション設定の問題を修正しました。いくつかの画面でこの設定を行うと、自動更新が最初の一回しか実行されませんでした。

ビジュアルコンソールにカスタムグラフを追加する際に、モジュールの選択ができない問題を修正しました。

SLA タイプの PDF レポートを生成する際にレイアウトが崩れていたのを修正しました。加えて、”Keep Alive” 要素の週次 SLA 計算を修正しました。

存在するコレクションへのファイルと要素のアップロードと作成を修正しました。

エージェントにリモート設定がない場合に、エージェントがポリシーから削除されないという問題を解決しました。

IPAM 機能で SNMP バージョン 3 を選択したときのエラーを修正しました。ネットワーク上のこれを利用したチェックの実行で必要なパラメータが選択できませんでした。

オクテットは一致していてもネットマスクが一致しなかった場合の、IPAM 機能のスーパーネットワーク内のネットワーク割り当てエラーを修正しました。

LDAP のデータの更新時に “Advanced Configuration LDAP” トークンの選択が消えていた問題を解決しました。

セカンダリグループによるエージェントの検索のバグを修正しました。ビューには表示されても検索には表示されませんでした。

エージェントからポリシーにモジュールをコピーするときの不具合を修正しました。パスに “\” が含まれる場合、作成されたコピーではそれが削除され、作成されたモジュールの実行でエラーが発生していました。

モジュールをポリシーの外で編集した場合に、モジュールが重複する問題を解決しました。既存のモジュールを変更するのではなく、新しいモジュールを作成するようにしました。

不明状態であるにもかかわらず状態表示が緑色のままになる、モジュールの状態表示のエラーを修正しました。

メタコンソールでのレポート作成エラーを修正しました。これにより、イベントのレポート作成のための最初のノードの選択、および「すべて」ではないグループの選択が不可能になりました。

ダッシュボード内の公開リンクが視覚化できないというネットワークマップのエラーを解決しました。


Written by:



Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください