Community Features Pandora FMS Release

Pandora FMS 7.0 NG 732 リリース

2月 28, 2019

Pandora FMS 7.0 NG 732 リリース

This post is also available in : 英語 スペイン語

新たな Pandora FMS アップデートパッケージ 732

新たなバージョン 732 のパッケージの主の新機能として、ディスカバリー機能があります。これにより、さまざまな技術を用いた自動検出を通じて、監視設定を簡単に行うことができます。さらに、PDFの作成、イベントに対する一括応答、メタコンソール内のさまざまな要素の同期の改善を行っています。

新機能と改善点

Pandora FMS のディスカバリー: 監視の簡素化

最新のリリース版では、Pandora FMS アドレス管理(IPAM)にいくつかの変更を行っています。このバージョンでは、新しい機能であるディスカバリーが追加されています。この目標は、ユーザにとって複雑な部分を減らし、Pandora FMS コンソールのさまざまな操作を改善することです。

release Pandora FMS 732

ディスカバリーは、新しいアップデートがリリースされるごとに改善されていく予定です。今回のリリースに含まれる最も重要な機能は次の通りです。

    • 新しいシステム通知システムは、Pandora FMS コンソール、ライセンス、データベース、サーバステータスなどの関連チェックに焦点を当てています。これらは管理者から設定でき、ユーザはそれらを受け取ることができます。
    • 新たな情報管理モードでのイベントシステムの改善で、単一イベントをグループ化し関連データのみを表示することができます。
    • ネットワークスキャンによるホストおよびデバイスの検出: 新たなネットワーク検出システムは自動検出タスクを置き換えるもので、パフォーマンスおよび操作性の両方を改善しています。
    • ディスカバリー Cron ジョブ: 新しいCron ジョブシステムは、特定の頻度で支援なしに作動します。
    • ディスカバリークラウド Cloud AWS: 新たな Amazon AWS EC2 監視システムで、EC2 インフラの主な関連情報を表示することができます。

release Pandora FMS 732

    • ディスカバリーアプリケーション: ディスカバリーを通した監視プラグインの中央設定ウィザード。最初のバージョンでは、VMware 監視のみ対応しています。

release Pandora FMS 732

  • ディスカバリータスク一覧: ディスカバリーシステムで実行中の全タスクを見ることができるメニュー。

リモート監視のためのカスタムフィールドマクロ

リモートモジュールを設定するとき、同じエージェントに関する情報を何度も入力しなければならないのは単調な作業です(たとえば、SNMPコミュニティ文字列)。カスタムフィールドマクロを使用すると、特定のモジュール設定オプションのマクロとしてエージェントカスタムフィールドを使用できます。

SNMP v3 と Enterprise SNMP サーバの互換性

これまでのバージョンでは、SNMP v3 のchっくはネットワークサーバで実行されています。多くの監視がある場合、長いサーバの処理遅延が発生していました。このアップデートでは、Enterprise SNMP サーバでの SNMP v3 チェックを通じて、ネットワークサーバでのこれらの遅延を軽減するための新しい機能が実装されました。

サーバプラグインの同期

このバージョンでは、サーバプラグインのメタコンソールとノード間の同期を実装しました。

その他改善点

これまでのリリースでイベント応答を一括して実行する実装を行いましたが、今回のバージョンでは、応答の最大数を増やす(以前は最大10でした)改善および、ユーザ ID と共にマクロを導入しました。これにより、だれが応答を実行したかどうかがわかるようになりました。

PDF レポートで、表示をより明確にしより理解しやすくなるように改善しました。今回の更新から、よりわかりやすく表の中に別の表を入れることができるようになりました。また、改ページで表が切れないようにしました。

サービス表示に、サービスのデフォルトのツリー表示を追加しました。サービスの内容詳細に行くことなく、個々の状態を簡単に見ることができます。

release Pandora FMS 732

Pandora FMS HA ノード間の同期を改善する新たなスクリプトを導入しました。スレーブノードをマスターノードに自動的に同期することができます。

問題解決

  • ダッシュボードにおける “エージェント/モジュール表示” ウィジェットの作成において、ウィジェット設定後にそれがロードされない不具合を修正しました。
  • ポリシーのエージェント表示におけるアクティブなリモートエージェント設定が表示されないエラーを修正しました。
  • エージェントのセカンダリグループを削除するときの、再帰処理の不具合を修正しました。
  • 二段階認証に関して、それがシステムで有効になっていない場合、ユーザ設定に表示されないように修正しました。
  • フィルタが設定されていない場合に、自動的に実行されるイベントフィルタリングエラーを修正しました。
  • モジュールの一括編集でタグによってモジュールをフィルタリングした場合、正しく動作しない問題を修正しました。
  • オープンソース版のアップデートマネージャで、オンラインアップデートができない不具合を修正しました。
  • 同じノード内のサーバ間のマスターステップが正しく機能しなかったバグを修正しました。
  • 一括操作によってエージェントを削除する際に、エージェントの別名が削除される問題を解決しました。
  • PHP 7 を利用している場合に、ポリシーのインポートが正しく実行できない問題を修正しました。

Written by:



Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください